時代は、美味しさと健康を求めている! “讃岐 玄米うどん”

e0026527_1875963.jpg讃岐うどんの乾麺で、 “讃岐 玄米うどん” というのを見つけました。

玄米の粉が、 30 % 入っているそうです。

製造者:木下製粉株式会社 香川県坂出市高屋町1086-1
販売者:ファリーナコーポレーション 香川県坂出市高屋町1150-5

木下製粉&ファリーナ HP

e0026527_12382089.jpg玄米粉30%のために、少し、色が付いています。

玄米粉は、遠赤外線による焙煎をして、粉末化しているそうです。
玄米は、無農薬のものではないけれど、残留農薬は、一切検出されていない、とのことです。

e0026527_12384152.jpg冷やしうどん で、食べました。

ゆで時間は、6~8分ですから、短めです。
ゆであがったおうどんは、少し色が付いています。

食べてみると、讃岐うどん特有のコシがあって、少し細めの美味しいおうどんです。
が、
「玄米」の味も香りも、ほとんどしません。
玄米の香ばしさがある方が良いのか、あくまで、味は、うどんに徹するのか・・・

常備しておく おうどんのバラエティーの一つとして、「玄米うどん」を加えるのは、良いと思います。

e0026527_12385512.jpg玄米うどんのアピールポイントは、
玄米の ビタミンB群、ビタミンE、必須アミノ酸、など40種以上の栄養素 まさに栄養素の宝庫。
食物繊維が豊富で、お通じにもよく、偏食がちの方にも最適。

[PR]
by ipe-osakaoudon | 2009-07-20 18:06 | 他のうどん


<< ショッピングセンターのフードコ... 大阪のセーヌ川を臨むフレンチ、... >>