マクロビオティックと美々卯さん 1

マクロビオティックってご存知ですか? 
聞いたことは、あるけれど、どのような“食事”なのか知らなかったのですが、先日時間が余ってしまって入ったカフェが、このマクロビオティックのお店。
そして、そのお店に置かれていたマクロビオティックの雑誌に「美々卯」さんの社長さんの奥様のお話が載っていて、興味を持ちました。

e0026527_15375538.jpg中美恵の“キラメキ”マクロビライフ キラメキ 2005 AUTUMN No.2 発行:株式会社 シンドフジP.4
右側が、美々卯の奥様、薩摩智恵子さん、左が、中美恵さん
     無断掲載、ごめんなさい。


まずは、マクロビオティックとは何か?
マクロビオティクとは? ← 以下は、このHPより引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Macrobiotic(マクロビオティック、米ではマクロバイオテックと発音)とは、ギリシャ語を語源として、macro(=大きな、長い)+biotic(=生命術・学)のことで、「長く思い切り生きるための理論と方法」「大きな視野で生命を見ること」だそうです。
日本人の桜沢如一(さくらざわ ゆきかず 海外ではジョージオオサワと呼ばれる)が世界へ広め、最近日本に逆輸入の形で入ってきました。
 「身土不二」(しんどふじ)・・・身体と環境は一つ=住んでいる土地で取れた旬の素材を食べる)「一物全体」・・・(生命あるものは、まるごといただく。米なら玄米、野菜なら皮付きのまま)。この二大原則に、素材の持つ陰陽を調和させる穀物菜食の料理法がマクロビオテックの料理法です。・・・こうやって言うと難しく考えちゃいますが、なんのことはない、日本人が昔からしていた食生活そのものなんです!
 戦後からの欧米化した食生活の普及によって、アレルギーや生活習慣病などが問題になってきていますね。もう一度日本人の原点の食生活を見直してみようということです。
 基本は、玄米を主食として、野菜と海藻と味噌汁などを食べます。動物性たんぱく質は摂らず、そのかわり、植物性のたんぱく質を摂ります。肉類を食べなくても、豆などを摂れば大丈夫です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづく・・・
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2005-10-27 15:41 | 大阪おうどん情報


<< マクロビオティックと美々卯さん 2 大阪の百貨店のおうどんやさん >>