究極の大阪おうどん~たこ焼きおうどん~

e0026527_10255782.jpgたこ焼きおうどん を、作って食べました!
麺は、S社のおなべ用 生めん。
おだしは、さなえ製 かつおと昆布だし。
たこ焼きは、冷凍を表示どおり電子レンジ加熱。他に、おねぎと白菜をたっぷり。
ひとり用土鍋で作りました。

たこ焼きも、おうどんも、あつあつ!たこ焼きが、おだしを吸って、ふんわりおいしい。
たこ焼きの紅しょうが が、味のアクセントになって、とてもいい。

でも、たこ焼きのあぶらっけが足りない。写真でも、たこ焼きの色が、いまいちです。

大阪大学からのレポート(下をクリックしてください)にもあるように、たこ焼きは、学食では、たこ焼きを油で揚げている。

そうすると、外はカリカリ、中は、ほんわかふわふわ・・・おうどんに入れると、油がジュワーっとひろがり、タコからの旨味がしみ出し、天ぷらのような、それでいて、たこ焼きのおいしさ、が味わえる。

それから、麺が、プチンプチンと切れてしまったのも残念。
大阪おうどんの麺は、わたしの理想では、やわらかく、ふっくらしていて、のびがあり、ほどよいコシとモチモチ感があって欲しい。そして、ツルツルっと、食べれないといけません。

次回は、麺を選んで、たこ焼きは油で揚げて、よりおいしい「たこ焼きおうどん」を目指します。 


大阪府立大学 学食
大阪大学 学食 DONDON


e0026527_10464341.gif

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2005-12-01 10:42 | おうちでおうどん


<< 今日亭 ~うどんすき~ 1 浪花麺だらけ 3 >>