なぁ~んと! リゾーニ(米状パスタ)が国産パスタの始まり

これは、  へぇ~! ですよ!


 昭和29年(1954年)日本製粉がイタリア製のマカロニ製造機械を輸入し、米穀不足を補うものとして、小麦粉を粒状加工した人造米(パスタのリゾーニ)を生産するのと平行し、マカロニを試作販売したのが国産パスタの始まりです。
【略】
当時の生産技術の粋を結集し作られた人造米は、お米の中の王様つまり「王米」であるということから「オーマイ」と名づけられたそうです。


マミーズパーク 「パスタ50年のひみつ」 より


でも、現在、日本製粉では、リゾーニ(米状パスタ)は、作っていません。
ちょっと、残念ですね。
    業務用に、Barilla(バリラ)社のものを販売しています。
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-01-25 09:57 | 麺類


<< ただいま、ホームページ工事中 米状パスタ >>