実演 手打ちうどん 杵屋

e0026527_14404948.jpgわたしは、ひとりで、外食っていうのが苦手なのですが、用事や買い物をしていて、1時半を過ぎてしまい、おなかのすいたままでは、家にたどり着けない・・・ということで、デパートの地下にある食堂街の中の「杵屋」に入りました。

1時半という時間にかかわらず、店はかなり混んでいました。ほとんどは、買い物のついでに立ち寄った女性(わたしのように、ひとり客が意外と多い)、サラリーマン風の人。

おなかがかなりすいていたので、注文したのは、サービスランチ。860円。
わたしは、ぶっかけ卵うどん(冷)、稲荷寿司、を選び、これに、おでん3種(ロールキャベツ、大根、竹輪)とあん白玉が付いていました。
おうどんは、カレーうどんや熱いおうどん、冷やしうどんなどから選べて、ごはんモノは、稲荷以外に、五目御飯、白ごはんの選択肢もあり。

杵屋のおうどんは、「讃岐の麺に、大阪のおだし」というのが、特徴・・・たしかに、コシの強い麺でした。おだしは、ちょっと濃い目。半熟卵が美味しい・・・。
天かすものってました。

稲荷寿司は、やはり、おうどんに合うことを再認識。
おでんは、薄味で、おだしの味がよくしみて美味しい。

このボリュームで、860円は、お得&満足、といえるでしょう。

グルメ杵屋 HP
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-05-23 14:53 | 大阪おうどんお店


<< 「カルボナーラおうどん」は、美... あえて・・・ >>