元祖??? 大坂 砂場の蕎麦(そば)屋さん

砂場蕎麦(そば)の 発祥の地は、 大阪市西区の新町あたり。
ここに砂場ありき。」の石碑のある新町南公園は、長堀鶴見緑地線「西大橋」駅、1番出口を出て、すぐ北にあります。

せっかく、“砂場” のルーツ・砂場の発祥の地 に来たのだから、「お蕎麦を食べたい!。」と思い、西大橋駅の駅員さんにたずねることにしました。
 「あのぁ・・・このあたりって、“砂場蕎麦(そば)” の発祥の場所なんですけど・・・。」
「?・・・?」
「どこか、駅の近くで、お蕎麦(そば)の美味しいお店、ありませんか?」
「そうやなぁ・・・公園のすぐ近くに、タクシーの運転手さんらが食べに行く、そば屋があるらしいで。けっこう、流行ってるみたいやで。」



e0026527_14505270.jpgというわけで、公園のあたりをぐるっと回って探し出したのが、 “おいしい麺房 麺寿庵 ごちそうさん” 
公園の南東の角にあるお店で、外観は、喫茶店みたい。

e0026527_14535995.jpg11時半というのに、けっこう、お客さんが入ってました。中は、カウンターと窓に面した席。ひとり客が多い感じです。
入り口で食券を買って、注文するシステム。
お店の人に、「おうどんとお蕎麦と、どっちがお勧めですか?」って聞いたら、期待通り、
「お蕎麦やねぇ。 おそばのほうが、おいしいわ。」 との答え。
“とろろ蕎麦” 580円 の食券を購入。

すぐに食券を取りにこられたので、
「あのぉ・・・このあたりって、“砂場蕎麦” の発祥の場所なんですけど。」
「???」
「こちらのお店って、東京のほうの砂場蕎麦とは、関係ないんですか?」
「??? 砂場? そんなん知らんわ。」
忙しそうに、中に入っていかれる。

とろろ蕎麦を持ってこられたときに、しつこく、たずねる。
「すみません。こちらのお店って、お店出されて、何年ぐらいですか?」
「ここに移って、4~5年かなぁ? その前は、この近くの違うとこでやってたらしいけど、うちは、最近、ここの店に来たから、知らん。」
「ここの店の大将は、いはりませんの?」
「来てへんよ。」
・・・けっして、愛想が悪くは無いけれど、ちょっと迷惑そう。 

結局、駅員さんも、おそば屋さんも、地元の人は、ここが、“砂場” と呼ばれていたことも、“砂場蕎麦”のルーツだということも、ご存じないようです。


e0026527_15104324.jpgいただいた「とろろ蕎麦」ですが、麺もおだしも、なかなか美味しかったです。
石挽きのお蕎麦らしい。
値段は安いし、ボリュームも満点。
テーブルにおいてある 天かすをパラパラと入れると、また美味しい。

家に帰って、ネットで調べたところ、このお店、夜になるとタクシーの運転手さんたちの行列が出来るほどの人気店らしい。



おいしい麺房  麺寿庵 ごちそうさん  大阪地下鉄 長堀鶴見緑地線 「西大橋」
1番出口 北側にある公園の東南角
大阪市西区新町2-7-13    06-654-2453  日・祝 休み
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-10-05 14:52 | 大阪おうどんお店


<< ブール・ブラン・アッシュ ランチ 砂場は、「麺類店」 発祥の地!?! >>