“大阪のおうどん” 

“大阪のおうどん” に、定義は無い。
“大阪のおうどん”として、ブランド化しようと、定義を考えたこともあるらしいのですが、結局、あきらめたとか・・・。

せやから、「大阪おうどんの会」のホームページにも書いたとおり、大阪で作って、大阪で売られてるおうどんは、み~んな “大阪のおうどん” というわけ。
大阪おうどんって何?・・・“若い娘さんのもち肌”

せやけど、“大阪のおうどん”のイメージは、
麺はもっちりやわらかで、つるっとしてる。
おだしは、かつおを中心とした魚の昆布の香りがきいたうすくちのすっきりした味。

昔の大阪のおうどん は、 「丸かった」 という話をよう聞くなぁ。
丸かった いうたかて、ボールみたいに丸いんやのうて、切り口が、丸○、いうこと。

このまるい 昔の大阪のおうどん を恩地食品が、復活させる、らしい。

おうどんの生地をのばして、包丁で切ったら、四角うなる。どうやって、まるうするんやろ?

そこが、むずかしいとこやなぁ。どうも、おうどんを切る “切り刃” が特別らしい。

そのうえ、この まるい 大阪のおうどん、塩を使わん と打ってるんやって!
塩使わんでも、おいしいおうどんが出来るなんて、びっくりやわぁ。



続く・・・。
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-12-06 19:50 | 大阪おうどん情報


<< “大坂のおうどん” 大阪の丸い... “大坂のおうどん” って??? >>