きつねうどんの秘密 ~Part6. 信太の森 総まとめ~

きつねうどんを “信太(しのだ)うどん”と呼ぶのはなぜ? という疑問から、始まった今回のミニツァー。

ようするに、信太の森に住んでいたきつね さんのお話が、江戸時代に有名になり、「きつね」 といえば、「信太(しのだ)」 と連想されるようになります。そこで、「きつねうどん」は、「しのだ(信太)うどん」と呼ばれるようになったわけです。

最後に、各ブログの総まとめ(もくじ)をしておきます。


信太(しのだ)の森 はどこ? 地図  ~Part1. 信太の森~12月18日 

「葛の葉物語」(信太妻 しのだづま)  ~Part2. 信太の森 きつね伝説~12月19日

きつねの伝説の舞台?  ~Part3. 葛葉稲荷神社①~12月20日
                  ~Part4. 葛葉稲荷神社②~12月23日

信太の森のふるさと館と森の中心“聖神社” ~Part5. 信太の森と聖神社~ 12月25日


~*~おまけ~*~
「てなもんや三度笠(さんどがさ)」 (若い人は、知らんかなぁ。 テレビ放映されていた大阪の大人気の喜劇でした。)の 主人公 あんかけの時次郎 は、「泉州 信太の生まれ」 という設定。
藤田まこと さんが、あんかけの時次郎役でした。
この 「あんかけ」 、ひょっとして、 「あんかけうどん」 かも?!?
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-12-26 10:54 | 大阪おうどん情報


<< 2007年 明けましておめでと... きつねうどんの秘密 ~Part... >>