“大坂のおうどん” いよいよ 明日(2月19日) 発売!!!

  “大坂のおうどん”  と 
  “塩分ひかえめのおだし” が、
  あす 2月19日(月)、恩地食品より、発売です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  はっきりゆうて、“大坂のおうどん” は、“讃岐うどん” とは、 
ぜんぜん違います。 
 

“讃岐うどん” の 対極とでもいうべき “大坂のおうどん”。

讃岐うどんが男うどんなら、“大坂のおうどん”は、女うどん
それも、とびっきり美人の美女うどん!

色白で、つるり、もっちり、やわらかい。角が無いから、○ま~るい○やさしさ。

赤ちゃんから、お年寄りまで、全ての人に愛される美味しさと食感。
「いっぺん食べてみてぇな。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


特長1.“大坂のおうどん” は、麺の切り口が、 ○ま~るい○  。
おうどんの麺は、生地を薄く延ばして、その生地を切って作ります。当然、切り口は、角ができます。四角くなります。

ところが、「昔の大阪のうどんは、角がなかった!。」 そんな声を、よく耳にします。角が無い? ○ま~るい○ 切り口のうどん! そりゃあ、ええんとちゃう?  

かくして、恩地食品での ○ま~るい○ おうどんの 開発が始まりました。試行錯誤・紆余曲折の末、誕生したのが、切り口の ○ま~るい○ “大坂のおうどん” です。


特長2.“大坂のおうどん” の麺は、食塩無添加(塩を使っていない)。 

おうどんを作るには、塩は必須・・・そう思い込んでいませんか。
たしかに、うどんの麺を作るには、小麦粉と水と塩、というのが常識です。

ちなみに、うどんを作る際に入れる塩の量は、一般的に小麦粉の量の5%前後(季節その他により変動)です。ゆがけば塩はかなり抜けるとはいえ、塩を使わず、美味しい麺ができるならそれに越したことはありません。

いや、塩を使わないからこそ、独特のソフト感ともっちり感のある“大坂のおうどん”が生まれました。

そして、使っている粉は、国内産小麦粉100%

“大坂のおうどん”は、恩地のこだわりが生んだ自信作です。


特長3.“塩分ひかえめのおだし”は、塩分30%カット
しかも、化学調味料など、添加物無し。


「おうどんは、健康的やけど、塩分が気になるワァ。」 
そんな声を受けて、麺を無塩にするだけでなく、おだしの塩分も減らそう!と開発が決まった塩分ひかえめのおだし。
 
恩地食品では、 すでに、鹿児島枕崎の本鰹と北海道道南産のだし昆布を使用した、無添加・無着色“天然旨味だし”を発売しています。ただ単に、この“天然旨味だし” の塩分を30%減らせば?・・・味が薄くて、美味しくありません。

恩地食品では、研究開発・創意工夫の末、塩分30%カット、添加物無添加。

(“天然旨味だし”の食塩量は4g、“塩分ひかえめのおだし”の食塩量は、2.8g)

それでいて、芳醇な香り まろやかな味わいの “塩分ひかえめのおだし” 作りに成功いたしました。


以下の販売店で、今後、順次販売予定です。

販売区域:大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山 
販売店:イズミヤ(5店)
コノミヤ(20店)
モリタヤ(8店)
楠公ジャル(四条畷)
マックスバリュー(3店)
イオンマルシェ(4店)
スーパーサンコー(4店)
大阪いずみ市民生協(14店)
Aコープ
もりたや

「大阪おうどんの会」
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-02-18 11:13 | 大阪おうどん情報


<< “大坂のおうどん” 本日発売 茜丸 ~五色どら焼~ >>