朝青龍帰国で食欲?肉とうどん食べる

 朝青龍帰国で食欲?肉とうどん食べる 

日刊スポーツ 2007年9月2日9時14分 紙面から

 【ハラホリン(モンゴル)1日=盧載鎭】朝青龍(26=高砂)のモンゴル生活の詳細が明らかになった。滞在している親族経営のドリームランドリゾートの従業員が、友人に明かした。到着翌日(8月30日)から、うどんや肉などの食事を取りはじめているが、日本のマスコミの目を避けて同施設内2階の専用部屋からほとんど出ていないという。一方で関節治療を予定しているホジルトの温泉施設は、異例の24時間受け入れ態勢に入った。

 朝青龍は帰国翌日から食事を取り始めていた。ドリームランドリゾートの従業員が、友人に電話した内容によると「着いたばかりの時はスープを飲んだが、翌日からはモンゴル式うどん と肉も食べている」という。日本ではスープと水しか口にしていないとされていたが、母国に戻って食欲がわいてきたのだろうか。
   (略)


モンゴル式うどん:羊の肉や野菜を入れて煮込む うどん で、「ゴゥルタィシュゥル」と呼ぶ。モンゴル料理のお店で食べることが出来るらしい。
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-02 23:12 | 他のうどん


<< 缶入りの「うどん」発売! 非常... 海藻アカモクを練り込んだ 「あ... >>