「音楽熟成うどん登場」 おうどんに、モーツアルト

日本海新聞 Net Nihonkai   2007/09/03

初の音楽熟成うどん登場 モーツァルトでじっくりと 
 
 「情熱うどん しこう亭」(鳥取県境港市竹内団地)は二日、うどん店では全国初となる音楽熟成を導入し、リニューアルオープンした。手打ちうどんを低温庫内で、モーツァルトの音楽を聴かせながら熟成。素材にこだわった本格讃岐うどんを百円から提供している。

 右脳に良いとされるモーツァルトの普及活動に取り組む「日本音楽熟成協会」(米子市、杉原弘一郎理事長)の指導を得て、うどんの音楽熟成を導入。うどんは、奥大山の水や地元産の塩などを使って手打ちしている。

 店内にもモーツァルトの音楽を流し、来店者は舌と耳で音楽熟成を楽しみながら、腰のあるうどんを味わっていた。

 同店を経営する片岡商店の片岡孝雄代表は「山陰の特徴を生かしたいと思い、音楽熟成を取り入れた。音楽熟成のうどんは一段とおいしくなったと好評。うどんを通じてお客さんの健康に貢献できれば。可能な限り百円で提供していきたい」と話している。

http://www.nnn.co.jp/news/070903/20070903010.html
初の音楽熟成うどん登場 モーツァルトでじっくりと 
 
 

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-03 23:49 | 他のうどん


<< にんじんうどん登場 埼玉 缶入りの「うどん」発売! 非常... >>