“ コナモン博 ” もちろん、おうどんも!

たこ焼き、うどん…10月1日から大阪でコナモン博
9月27日7時50分配信 産経新聞


 たこ焼き、うどん、お好み焼き-。コナモンの街・大阪をPRする「大阪コナモン博覧会」が10月1日から始まる。スタートを前に26日、実行委員会が大阪市中央区の飲食店「くいだおれ」で会見を開いた。 “会場”は大阪にある130店の飲食店。全店を網羅した特典付きガイドブックを発行し、観光客などに大阪の食を堪能してもらう。

 食文化研究家でタコヤキストの熊谷真菜さんが実行委員長を務める「大阪コナモン博覧会実行委員会」が主催する。

 大阪の食の代名詞にもなっている、たこ焼きやお好み焼きといった小麦粉を使った料理「コナモン」を通して、より深く大阪の街を知ってほしいと計画された。

 期間中、130店を紹介したガイドブック(315円)をそれぞれの店舗で販売する。ガイドブックには人気の店主による「たこ焼きアツアツ座談会」や、おすすめの大阪観光コースなども盛り込んでいる。

 会見した熊谷さんは「大阪ではたこ焼きそのものに加え、売ってる人がいい味をだしている。ガイドを手に大阪を歩き、街の楽しさを体感してもらいたい」と話した。

 10月20、21日には、大阪市浪速区の湊町リバープレイスで、大阪のたこ焼きやお好み焼きの有名店が集結する「ミナミ粉もんパーク」を開催する。
公式ホームページ (http://konamonzaq.jp/)では全店を動画で紹介している。
問い合わせは実行委員会事務局((電)06・4392・8488)へ。

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-27 17:10 | 大阪おうどん情報


<< コナモン博 情報2 豆乳で、美人麺!?! 豆乳麺 ... >>