美々卯 本町店 ~美々卯について~   No.1

e0026527_12154219.jpg美々卯本町店 外観

大正14年、大阪市南区の久左ェ門町 に “美々卯” は、<そば処>として、開店しました。

「久左ェ門町」(または、久左エ門町)は、現在は、知名として残っていませんが、道頓堀の新戎橋の近くで、御堂筋もすぐ近く・・・ミナミの賑わいの中心地だったようです。

 創業者の薩摩平太郎は、堺の料亭「耳卯樓」(みみうろう)の耳家の四男として生まれ、薩摩家へ養子に入りました。
京都・大阪の料亭で修行し、結婚後、堺のそば屋「ちく満」で1年修行した後、そばとうどんの店、美々卯を開きました。
ちなみに、そばにウズラの卵を添えた「うずらそば」を考え出したのは、平太郎 です。
その後、平太郎は昭和三~四年ごろに、うどんの持つイメージを変える “うどんすき”  を完成させ、美々卯の名を不滅のものにしました。


美々卯 本町店は、昭和38年 地上6階・地下1階 美々卯初の近代ビルとして客席400席あまりで開店。(写真のビルは、4階建てに見えます。建て替えたのかしら? 客席400席というのは、同じなのですが)

美々卯 ホームページ
美々卯 本町店


e0026527_13581871.jpg
注文したのは、うどんすきコース “あおい” の お造りコース  6,000円

季節の先付 (左):卯の花、ぬた、箱寿司

お造り盛合せ (右)

e0026527_1421323.jpg美々卯のトレードマーク (マスコット) うさぎ が、お箸の袋にも、灰皿にも。
お箸置きも、うさぎ・・・この箸置きは、購入することもできます。

e0026527_20402893.jpgこのうさぎの器も、可愛いですね♡


e0026527_11402327.jpg季節の一品料理  飯蒸し

今年の桜の開花は、はやそう・・・やっぱりこの季節、は、うれしいです。


つづく・・・
美々卯 2 へ


美々卯 なんば高島屋店 2010年 オープン
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-03-19 13:43 | 大阪おうどんお店


<< 美々卯 本町店 ~ うどんすき... コメント・トラックバックを休止します >>