美々卯 本町店 ~ うどんすき コース ~ No.2

e0026527_10433360.jpg今や、一般名称 になった  “ うどんすき ” ですが、うどんすきは、美々卯の創業者 薩摩平太郎が、昭和3~4年ごろ考え出し、美々卯の看板メニューとなり、昭和35年に登録商標されました。

左の写真は、すでに、うどんすき1回めを鍋に入れた後・・・もっときれいに盛り付けられていました。この倍の量で、3人前。かなりのボリューム。

穴子、はまぐり、鶏肉、たけのこ、ふき、干ししいたけの含め煮、人参、ホウレン草を巻いた白菜、里芋、ゆば、わかめ、生麩、おもち・・・

e0026527_10435889.jpg自家製の太打ちのうどん。
煮込むほどに、しなやかで、ますます美味しくなる。

この写真も、半分を鍋に入れた後。
おうどんは、うどんすきの鍋の後ではなく、一番先におうどんを鍋に入れ、その上に、具をのせる。


e0026527_10441912.jpgうどんすき1回目

あたりには、おだしのいい香り・・・おだしは、宗田目近と利尻昆布を贅沢に使った上品な味わい。
煮えるのが、待ち遠しい・・・。

鍋は、うどんすきを考案したときに、金物屋と試作を重ねて作った特別製の大鍋・・・当時は、鉄製の鍋だったようですが、今は、ステンレス製の手打ち鍋で、電磁調理器にも対応しています。(購入可)

鍋の熱源は、私たちの部屋は、電磁調理器でしたが、ガスのところもあるようです。

e0026527_11251343.jpg美々卯のうどんすき名物(?) 活き海老!
木箱の中に、入れられて、運ばれます。
「お鍋に入れますと、はねますので、トングで押さえてください。」 ひぇ~!


e0026527_11281121.jpg美々卯のうどんすきの 薬味 と チリレンゲがわりの 帆立貝の殻に竹の柄をつけたもの。

帆立貝の殻に竹の柄 これも、美々卯がうどんすきを始めた当初からのもの。
創業者の薩摩平太郎という人は、かなりのアイデアマンだったようですね。

e0026527_1148514.jpgうどんすき 2回目

1回目は、お店の人が、全てをお鍋に入れておいてくださいます。 途中、おだしを足しに来られますが、2回目は、自分たちでおうどんと具材を入れて煮ます。
焼いたお餅が、また、格別。

e0026527_1152110.jpgデザート


6時に入店し、掘りごたつの個室で、ゆったりと うどんすきをはじめとする美味を味わい、ビール、焼酎、熱燗、凍結酒などを飲み、おおいにしゃべり、閉店の9時半まで、楽しみました。
うさぎさんのお箸置きが、買えなくて残念でした(すでに販売時間を過ぎていたため)。


美々卯 No.1
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-03-20 10:44 | 大阪おうどんお店


<< 堺筋 本町の “台抜き” と ... 美々卯 本町店 ~美々卯につい... >>