堺の隠れた名店「やすもと」1

 「やすもと」 堺中央綜合卸売市場内 大阪府堺市中村町607-1 中央環状線 大泉緑地の東南側 
e0026527_965568.jpg
スポーツジムの帰りに、いつも、魚を買いにこの卸売市場に寄ります。卸売りといっても、一般消費者も普通に買えます。特にお魚は、品質・味ともよくて、ここの魚介類を食べてたら、スーパーで買う気になれません。

でも、ここにこんなおうどん屋さんがあることさえ、気付いていませんでした。Sが、「いっぺん食べてみよう。」というので、まあいいかとまったく、期待せずに、入りました。カウンター席が、10ほど、女性二人が、切り盛りしています。土曜二時前だというのに、2~3人お客さん。
わたしは、きつねうどんを注文、Sは天ぷらおろしうどん。

カウンターで、冷たいお茶を飲みながら、女性を見ていたら、手馴れた手つきで、海老の天ぷらを揚げだしました。?エッ? あの海老って、天ぷらおろしの海老? 見る間に真っ赤に揚がった海老は、けっこう大きくて、おいしそう。

海老を揚げている間に、うどんを湯がき、冷やして、丼に盛る。少し透明感のある細めのおうどん。手際よく、海老の天ぷら、大根おろし、わかめ、しょうが、ねぎ、糸がつお、かまぼこがおうどんの上にのせられて、だしとともにSの前に。 ありゃ~!おいしそう! 

私のは、甘さと醤油の程よい自家製のきつねがのった熱いおうどん。おだしもおいしく、透明感のあるおうどんは、柔らかいけれど、独特のこしがあり、のどごしがいい。Sは、冷たいおろしうどんを、おいしそうに食べている。思わず、海老の天ぷらを一匹もらって、きつねうどんに入れて食べる。ころもサクサク、海老ムッチリ。そりゃそうだ!となりが、魚市場だもん。新鮮でおいしい海老が、いくらでも、手に入るわけだ、と納得。

店のおうどんのうまさは、きつねうどんで決まる、と思ってる私としては、500円というごく標準の値段で、麺、だし、きつねのバランスがよく、高得点獲得。次回は、天ぷらおろしを食べる、と決めて店を後にしました。
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2005-09-06 09:19 | 大阪おうどんお店


<< 「やすもと」 2 大阪おうどん といえば、今井 >>