三輪そうめん千寿亭~みむろ~長谷寺

e0026527_1505581.jpg五品素麺 1,575円

いろいろ食べたい人にぴったりなのが、この五品素麺。冷たいおそうめんが3種、熱いおそうめんが2種類。どれもおいしかったけれど、揚げそうめんは、新しい食べ方。パリッと挙げたおそうめんに葛(?)でとろみをつけたおだしがかかっていて、美味しい。

冷:ごま豆腐とゴマそうめん、梅とろろと梅そうめん、スイカと鴨と茶そうめん
熱:茄子とにしん、揚げそうめん

e0026527_1522442.jpg
冷やし素麺(天ぷら付き)  925円

おそうめんは、白一色か、三色か、選ぶことができます。
黄色は卵、緑はお茶・・・味は、あまりわかりませんが、なんといっても、楽しくてきれい!
冷たい三輪そうめんと揚げたての天ぷら・・・おいしいにきまってます。
     薬味は、生姜とワサビ。


e0026527_15134045.jpgおろしそうめん 熱

暑い夏に、熱いそうめん!・・・というのも、いいものです。
おそうめんが見えないくらいいっぱいの大根おろしとふっくらした油揚げ。なぜか、カニも入っています。
薬味は、山椒。


池利 三輪素麺茶屋 千寿亭


e0026527_15244314.jpg千寿亭の近くの 大神神社(おおみわじんじゃ)(三輪明神)の大きな鳥居のたもとには、和の喫茶 白玉屋榮壽 があります。
「白玉屋」という名前なのに、白玉はなくて、 “みむろ” という小さめの最中が有名。
抹茶と一緒に、“みむろ” をいただきました。梅のお茶も付いていました。

麺類の後に和菓子をいただくと、幸せ度がアップするのは、私だけかしら?






e0026527_15294961.jpg長谷寺の本堂を望む

晩夏の長谷寺は、花は、さるすべり くらいですが、たくさんの生き物に出会えました。
沢ガニ、クワガタ、かたつむり、カメ、声だけですが、ツクツクボウシ、鳥・・・。
境内は、山の中なので、一周するとちょっと山登りをしたような爽快感。
お話好きのお坊様に、お寺のことをいろいろお聞きして、長谷寺への愛着がわきました。
御本尊は、千十観音様・・・さっそく、観音経の写経に取り組んでいます。
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-08-30 23:56 | 他のうどん


<< やっぱり、美味しい! 堺のフレ... 小豆島は、麺の島?!? >>