讃岐うどん④ 金毘羅(こんぴら)参り ~金刀比羅宮(ことひらぐう) ~

e0026527_1537698.jpg旧金毘羅大芝居 「金丸座」 
重要文化財

金毘羅(こんぴら)さんへ向かい途中に、旧金毘羅大芝居 「金丸座」 があります。旧金毘羅大芝居は、天保6年(1835年)に建てられた、現存する日本最古の芝居小屋です。
現在の場所に移築され、 「四国こんぴら歌舞伎大芝居」 が毎年春に開催され、全国からお客さんが集まるそうです。

詳細は、↓ クリック ↓
四国こんぴら歌舞伎大芝居

e0026527_15484248.jpg旧金毘羅大芝居 「金丸座」 の舞台と客席

芝居のないときは、花道を通って、舞台に上がったり、花道や回り舞台の下の「奈落(ならく)」や楽屋にも入ることができます。
歌舞伎に興味のある人はもちろん、興味のない人でも、一見の価値はあります!

e0026527_16332966.jpg金刀比羅宮(ことひらぐう) 参道

本宮までの階段 785段 奥社まではプラス583段
  たいていの人は、本宮までしか行きません(というか、行けません)
785段でも、結構きついです。若い人でも、つえをつきながら、ふぅふぅ言って、のぼっていました。


e0026527_1649159.jpg金刀比羅宮(ことひらぐう)本宮

ご祭神は、大物主神(おおものぬしのかみ、大国主神(おおくにぬしのかみ)と同じ)と崇徳天皇。

e0026527_16555385.jpgこんぴらさん からの眺め

曇り空でしたが、讃岐富士(飯野山)がきれいに見えました。

こんぴらさんのお参りは、かご でも可能です。
上りのみ¥5800. 下りのみ¥3500. 往復なら¥6800 とのこと。

そして、江戸時代には、犬に代理を頼んで、こんぴら参りをしてもらうこともあったそうです。
詳細は、↓ クリック ↓
こんぴら狗(いぬ)


こんぴら船ふね

こんぴら船ふね 追手に帆あげて
シュラ シュ シュ シュ

四国を廻れば 讃州(サンシュウ)
那珂(ナカ)の郡(ゴリ)  象頭山(ゾウズサン)

金毘羅(コンピラ)大権現
一度めぐりて

こんぴら船ふね 追手に帆あげて
シュラ シュ シュ シュ

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-10-05 15:43 | 他のうどん


<< 讃岐うどん⑤ お泊まりは、リニ... 讃岐うどん③ 釜揚げうどんの 長田 >>