2005年 09月 29日 ( 1 )

コーリアン・クッキング

京都の友人が、 パンとケーキのお料理教室を自宅で開いていて、京都に住んでいる頃からですから、かれこれ、六年くらい習っています。先生は、とってもチャーミングなかわいい奥様。パンとケーキ作りの腕前は、プロです。

生徒4人グループも、長年の友達。わたしひとり、遠く、大阪の南に引っ越してしまったのです。が、はるばる、2時間、電車4つを乗り継いで、1ヶ月に一度、京都に出かけて、お料理を習う、というよりは、おしゃべりを楽しんでおります。

そして、今回は、特別レッスン “京の秋のコーリアン・ランチ”を習ってきました。その中に、「チャプチェ」というスゴクおいしくて、ヘルシーな 韓国春雨の炒めもの春雨ってことは、麺類ってことは、おうどんの仲間!)がありましたので、ご紹介します。

ついでに、「ヤッパ(薬飯)」という、栗や黒豆、レーズン、銀杏、松の実の入ったもち米のごはんもご紹介します。
ヤッパ・・・ヤッバイ、おいしさ!です。 お赤飯をちょっと甘くして、もっと豪華にしたような感じ。この味は、口で言い表しにくい (言い表さな、わからんでしょ!)、もち米を蒸したモチモチ感と黒砂糖とお醤油の調味のバランス(黒砂糖とお醤油!?!て思うでしょうけど、これが、もう最高においしい味付けになるのです)、栗や黒豆のほんのりした甘さ、レーズンの甘酸っぱさ・・・。
「チャプチェ」と「ヤッパ」は「さなえの定番料理」に決定!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チャプチェ
e0026527_10482690.jpg
韓国の春雨は、じゃがいもでんぷんから作られています。日本の春雨(じゃがいもでんぷんや緑豆、サツマイモでんぷんなどから作られる)や緑豆春雨で代用してもよいでしょう。
適度なやわらかさになるまで、ゆがいて水で洗ってから、普通、炒め物にします。
日本のように、サラダとしては食べないそうです。
韓国食品店で、600円/500gくらい。


e0026527_1133620.jpg
<材料> 4人分
春雨・・・150g   ゆがいて水洗いして、5~10cmに切っておく*。
牛肉・・・200g   食べやすい大きさに切り、調味液につけておく。
人参・・・1/2本   千切り
たまねぎ・・・1個    薄切り
干しいたけ・・2~3枚  戻して千切り 
たけのこ・・1/2個   千切り
ピーマン・・2~3個  千切り

*  チャプチェは、韓国のお祝い料理。ですから、春雨を長めに切って、うれしいことが長く続くように、そして長寿を祈ります。

<調味液>
醤油・・・・・170g、砂糖・・・・・30g、にんにく・・・・・3かけ(つぶす)、ごま油・・・・・10g、みりん・・・・・30g 以上全てを鍋に入れて、しっかり煮立てる。冷蔵庫で保存可
 このままあるいは、唐辛子を加えて、焼肉のたれ、炒め物、酢を加えてドレッシングなどいろいろ使えます。こういう調味液って、「作るのめんどくさそう」「料理のときに同じ調味料を混ぜればいいんじゃない?」って思ってましたが、この調味液、作っておく価値あり!しっかり煮立てるというひと手間で、グ~とおいしくなるのです。

<作り方>
 1、野菜は、固いものからさっと湯通しする。
 2、フライパンを温め、ごま油を入れて、牛肉を炒める。
 3、1の野菜を加えて炒め、調味液で味をつけて、ボールに取り出す。
 4、フライパンにごま油を足して、ゆがいた春雨を炒めて、醤油(あるいは、調味液)で味をつけ   る。
 5、4を3に加えてあえる(よく混ぜ合わせる)。
 6、味を整えて、仕上げにゴマを振る。


「ヤッパ(薬飯)」の作り方は、ヤッパリ、明日へ・・・つづく・・・
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2005-09-29 10:42 | 麺類