2005年 10月 15日 ( 1 )

~大阪府立大学 生協~ おうどん情報

究極の大阪おうどん?!!? 「たこ焼きうどん」

本日の「大阪おうどんの会」ブログは、特派員報告 です。
大阪府立大学のSさん(我が「大阪おうどんの会」の特派員?)からの~大阪府立大学 生協における「おうどん」~ についての報告が寄せられましたので、掲載します。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0026527_13191297.jpg

先日から大学の後期授業が始まり、食堂も通常メニューとなり、「明石うどん」も復活しました。

本日の大学のうどんメニューは、
うどん      150円(税込157円)
きつねうどん  180(189)
わかめうどん 180(189)
海老天うどん 280(294)
明石うどん 250(262)
カレーうどん 290(304)              です。

    他に山菜うどんがたまにメニューに加わったりします。



e0026527_13193645.jpg
食堂のおばちゃんによると、
昨日は、明石うどんが43食、明石そばが18食出たそうです。
昨日はすうどんよりたくさん出たそうで、人気メニューだそうです。

明石うどんは、たこ焼きが5個入っており、お得感とボリュームがあるためでしょうか?

味は、思ったよりおいしかったです。
弾力のあるうどんと、汁を含んでふやけたたこ焼き が、どっちとも粉ものですが、違う食感があり、また、たこ焼きは冷凍ものですが、中のしょうがの味が効いていて
だし汁とうどんとしょうがの効いたたこ焼き を交互に食べると、意外と飽きずに食べられました。

具は、わかめとたこ焼き5個で、天かすと七味はセルフでトッピングできます。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



*補足説明*
*「明石焼き」というのは、別名「卵焼き」とも呼ばれ、卵・だし汁・小麦粉・タコだけで作るやわらかいものです。たこ焼きの元祖といわれる「会津屋」さんは、はじめ、たこではなく、牛すじ肉を入れて、作っていましたが、明石焼きからヒントを得て、たこを入れるようになり、「たこ焼き」と呼ばれるようになったそうです。
*「たこ焼き」は、たこ以外に、紅しょうが、てんかす、ねぎ、オプションでキャベツ、桜海老などが入っています。

ということで、Sさんにたずねたところ、上記 大阪府立大学の「明石うどん」は、「たこ焼き」がのっているそうです。

大阪府立大学 生協の食堂は、一般人も、食べに行くことができるようです。
Sさんによると、「近所のお母さん同士が子連れでいたり、散歩中のおじさんっぽい人もたまにいます。ぜひ、ご試食してみてください。」とのことです。


大阪府立大学 
大阪府堺市学園町1-1 TEL:072-252-1161 
 最寄り駅 なかもず(中百舌鳥・御堂筋線、南海線) または、白鷺(しらさぎ、南海高野線)

「大阪おうどんの会」ホームページ
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2005-10-15 09:20 | 大阪おうどんお店