2007年 09月 03日 ( 2 )

「音楽熟成うどん登場」 おうどんに、モーツアルト

日本海新聞 Net Nihonkai   2007/09/03

初の音楽熟成うどん登場 モーツァルトでじっくりと 
 
 「情熱うどん しこう亭」(鳥取県境港市竹内団地)は二日、うどん店では全国初となる音楽熟成を導入し、リニューアルオープンした。手打ちうどんを低温庫内で、モーツァルトの音楽を聴かせながら熟成。素材にこだわった本格讃岐うどんを百円から提供している。

 右脳に良いとされるモーツァルトの普及活動に取り組む「日本音楽熟成協会」(米子市、杉原弘一郎理事長)の指導を得て、うどんの音楽熟成を導入。うどんは、奥大山の水や地元産の塩などを使って手打ちしている。

 店内にもモーツァルトの音楽を流し、来店者は舌と耳で音楽熟成を楽しみながら、腰のあるうどんを味わっていた。

 同店を経営する片岡商店の片岡孝雄代表は「山陰の特徴を生かしたいと思い、音楽熟成を取り入れた。音楽熟成のうどんは一段とおいしくなったと好評。うどんを通じてお客さんの健康に貢献できれば。可能な限り百円で提供していきたい」と話している。

http://www.nnn.co.jp/news/070903/20070903010.html
初の音楽熟成うどん登場 モーツァルトでじっくりと 
 
 

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-03 23:49 | 他のうどん

缶入りの「うどん」発売! 非常食にも、よさそう!

ITmediaニュース 9月3日13時56分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000031-zdn_n-sci
うどん缶
「らーめん缶」の次は「うどん缶」
     9月3日13時56分配信 ITmediaニュース

e0026527_1752879.jpg


秋葉原などで人気のラーメン風味の缶詰「らーめん缶」を開発・販売するUMAIはこのほど、うどん風味の缶詰「うどん缶」を全国の自動販売機で発売した。きつねうどんカレーうどん の2種類あり、ラーメン缶同様コンニャク麺を使用し、のびにくく崩れにくいのが特徴。ラーメン缶よりも麺を太くした。

 きつねうどんは細かく刻んだ油揚げやかまぼこ入り、カレーうどん は豚肉入りで、和風だしを利かせた。それぞれ280グラムで73Kcal。フォークも付いており、缶を開ければそのまま食べられる。

 オープン価格で、実売予想価格はきつねうどんが300円前後、カレーうどんは350円前後。今後はけんちんうどん缶や、ご当地ラーメンや有名ラーメン店の缶詰を発売する予定だ。

 らーめん缶は、都内のラーメン店「麺屋武蔵」店主が、ガスや水道が止まった新潟県中越地震被災地で炊き出しを行った際、ガスや水が止まった被災地でもラーメンを提供したいと思ったことがきっかけで開発されたといい、今年4月の発売以来200万缶売り上げた。

 同社は「うどん缶をラインナップに加えることで、一般消費者や地震の被災者に、商品を選べる楽しさを提供したい。今後も缶食文化の成長に期待し、貢献していく」としている。


    ITmediaニュース 9月3日13時56分配信 より

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-03 17:04 | 他のうどん