2010年 05月 14日 ( 1 )

祇園 さヽ木  お昼

e0026527_21112277.jpgここ数年、京都で最も予約の取りにくいお店、祇園の「さヽ木」
友人が、数十回電話をかけてくれて、ほとんどあきらめかけたころ、やっと、お昼の予約が取れました。
場所は、祇園四条から、歩いて10分ほど、建仁寺の南西、八坂の塔の西。もう少し、坂を登るとやはり、予約の取りにくいイタリアン「イルギオットーネ」があります。
<店データ>
■祇園 さヽ木(ささ木)
所在地:京都市東山区八坂通り 大和大路東入ル北側
TEL:075-551-5000
定休日:日曜、第2月曜
アクセス:京阪祇園四条駅 徒歩約10分

e0026527_21211684.jpgお昼は、12時スタート時間厳守、5500円のおまかせ。
16席のカウンター、到着したお客から順に座ります。

e0026527_21233124.jpg和食には、日本酒・・・というわけで、私は、すっきり辛口の和歌山の冷酒「超久」、友人は、甘口の「五凛」を注文。
よく冷えた日本酒を青竹のカップにいれてくれます。

e0026527_2126252.jpgまずは、冷たい豆乳のスープ。
夏野菜とお湯葉が入っています。
キュウリやトマトの歯触りと色、お湯葉の食感、そして、豆乳のお味が、絶妙でした。

e0026527_11123562.jpg八寸

e0026527_11131138.jpgお汁椀

e0026527_11133134.jpgお造り
かつおのたたき

e0026527_11164399.jpgほたて・えび・ブロッコリの上に、ジャガイモのピュレをかけたもの 冷製

e0026527_11193251.jpg鯛・シイタケ・三つ葉をおだしで煮たもの 

e0026527_11212160.jpgお漬物

e0026527_11214424.jpgアワビごはん 土鍋で炊いたもの

角切りのショウガがアクセント アワビは、たっぷり、そして、やわらかい

e0026527_11231910.jpgデザートは、5種類
全てをいただきました。
わらび餅と果物

e0026527_11235969.jpgチーズケーキと抹茶のムース 
ほかに、シューアイス

和食なので、コーヒーは、つきません。デザートは、チョコレートもありません。どちらも香りが、和食に合わないから。


夜が、さヽ木の佐々木さんの本領発揮なのでしょうが、お昼でも、十分に素材の良さ、お料理の楽しさを味わえます。
お昼を食べると、「今度は、夜、食べに来たい!」 と思ってしまいます。
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2010-05-14 23:10 | グルメ