カテゴリ:グルメ( 91 )

リッツカールトン大阪の 中華料理店 "香桃 シャンタオ”

e0026527_1753423.jpgヘルシーティーランチ   ¥3,500

「ティーランチ」というだけに、お湯のみが空いたら、ちょうど良いタイミングで何杯でも注ぎに来てくれます。

ティーの種類は、3種類・・・写真は、最初のお茶ですが、名前は忘れました。
(メモっておけばよかったです。)

2番目のお茶は、ウーロン茶の一種で、マイルドで飲みやすかった。

デザートのときに出たのは、ジャスミンティー。私は、大好きです。

e0026527_1845992.jpg•香桃風前菜 スモークサーモン

3種類のソースは、チリソース・からし・豆板醤系(?)食べるラー油系(?)
お料理には、味が付いているので、そのままでもおいしいけれど、お好みでつけて食べます。
テーブルにはお酢やお醤油も、置いてありました。

e0026527_1873962.jpg•牛ミンチとえのき茸入りとろみスープ

冬にはうれしいとろみにある熱々のスープ・・・牛ミンチとえのき茸? と思うくらい複雑な美味でした。
卵の白身も入っていました。

e0026527_18103538.jpg•蒸し物点心二種

錦糸卵のしゅうまいと肉まん
どちらもおいしかったですが、特に、錦糸卵の優しい甘さが好きでした。

e0026527_18151732.jpg•百合根とグリーンアスパラガスの炒め

百合根がいっぱい入っていました。百合根は、好きだけれど、なかなか食べる機会がありません。
赤いのは、くこの実です。
動物性のタンパク質無しで、百合根・くこ・グリーンアスパラガスという、いかにも体に良さそうな食材です。
美味しくてヘルシー・・・美容にも良さそう。


e0026527_20222293.jpg•海老と茄子の梅ジャム、甘酢炒め煮

海老とお茄子を甘酸っぱい味付けで炒めたもの。あの不思議な香りは、梅ジャムだったのですね。


e0026527_2024971.jpg•ザーサイと野菜入り焼き飯 又は 広東風白粥

ザーサイと野菜入り焼き飯 を選びました。
中華料理店のチャーハンは、たいてい美味しいものですが、「香桃 しゃんたお」のザーサイと野菜入り焼き飯 も、ザーサイがアクセントになっていて、期待通り美味しかったです。


e0026527_2028256.jpg•下記からお好みのデザートを1つお選びください。
 杏仁豆腐
 マンゴープリン
 シェフのお勧めデザート(いちごとナタデココの入ったヨーグルト)


シェフのお勧めデザート(いちごとナタデココの入ったヨーグルト)を選びました。
中華 っぽくはなかったけれど、春らしくて、うれしいデザートでした。
ジャスミンティーは、香りが良くて、何杯もおかわりしました。




リッツカールトン大阪のイタリアン スプレンディードは、何度か行って、いつも満足していますが、 中華料理店 "香桃 シャンタオ”は、今回が2回目。
接客も丁寧で気持ちよく、さすが、ミシュラン☆ だと思います。

ヘルシーティーランチは、その名の通り、野菜が多く、脂っこくなく、3種類の中国茶をたっぷり飲めて、健康的。
でも、食べ終わった後の満足感は、しっかりあります。
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2011-02-21 17:45 | グルメ

リッツカールトンの中華 ミシュラン☆ 香桃

お久しぶりです。
皆様、お元気でお過ごしですか?



しばらく、ブログをサボっておりました。
冬眠」ということにしておきましょう。


冬眠中は、おうどん屋さんに食べに行くより、家で食べる方が多かった・・・



本日は、今から、リッツカールトン大阪の 中華料理店 "香桃 シャンタオ” に行きます。

香桃 シャンタオ は、☆ ミシュランの星ひとつ ☆!


実は、香桃 シャンタオ には、秋にも食べに行ったのですが、美味しくて、サービスも良く、お店の雰囲気も素敵で、とても気に入りました。


今日は、友達とのランチ&おしゃべりの会ですが、おしゃべりばかりせず、写真をばっちり撮ってくる予定です。


乞う☆ご期待!
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2011-02-21 08:37 | グルメ

なんばダイニングメゾン やっと難波にグルメスポットが誕生

e0026527_1518455.jpgさまざまな食材が、まるで絵画のように並べられた大きな前菜のプレート!


e0026527_151937.jpg高島屋 本店(難波なんば)7・8・9階に なんばダイニングメゾン というレストラン街ができました。

今回訪れたのは、9階の 現代フランス料理 lumière l'esprit k リュミエール レスプリカ

e0026527_15192230.jpg高島屋百貨店の中にいることを忘れるような素敵なレストランです。
サービスも気持ち良く、ゆっくりとお食事することができます。

e0026527_1531075.jpgなんばダイニングメゾン リュミエール レスプリカ

e0026527_15285332.jpg

 e0026527_15292241.jpg

e0026527_1532482.jpg

e0026527_15361326.jpg

e0026527_15362564.jpg
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2010-07-20 20:17 | グルメ

京都東山 粟田山荘(あわたさんそう)のランチ 山荘弁当

e0026527_1485259.jpg粟田(あわた)山荘は、ホテルオークラ京都の別邸。ミシュランガイド京都・大阪2010で、☆を獲得。

京都に住んでいるころ(たぶん10年くらい前に)、1度お昼を食べに粟田山荘に行きました。
素晴らしいお庭を眺めながら、個室のお座敷で、ゆったりと美味しい京料理をいただいたのが、忘れられなかったのですが、お昼で、たしか、1万円ほど・・・。
なかなか、再訪することができませんでした。

京都に住む友人が、「粟田山荘さんが、お手軽なお弁当をはじめはった!」と知らせてくれたのでさっそく出かけることにしました。

e0026527_14141685.jpg山荘弁当 3800円 税・サービス込み
一の重

あいにく当日は、近畿地方は、豪雨。賀茂川の河原の上まで、川の水位が上がっていたそうです。
粟田山荘は、ちょっと行きにくいので、三条京阪で友達と待ち合わせて、タクシー。

お部屋は、2階。畳のお部屋でしたが、席は、テーブルと椅子。雨にぬれたお庭が美しかったです。
(写真を撮るのを忘れました)

1番目の写真の黒いお弁当箱は、2段になっていて、1段目の中身が、この写真です。


e0026527_14212940.jpg二の重

一の重:お造り、分葱 辛子酢味噌、いくら醤油漬け、笹巻寿司、京トマト ブロッコリー 帆立酒煮 黄味酢、胡麻豆腐、 青菜 割醤油

二の重:出汁巻玉子、海老旨煮・南京・アスパラ、鰊と茄子、銀鱈西京焼、合鴨ロース


e0026527_14321526.jpg
御椀(鱧はも)
白御飯 香の物
じゃこ山椒煮

e0026527_14333658.jpg水ようかんとお抹茶


お料理は、お弁当とはいえ、細やかで美しく、お味もおいしかったです。
量的には、「健康的」で、良いと思います。

ですが、サービスに関しては、慇懃ではありますが、どこか心のこもっていない感じが、現れていて、残念でした。

最初に、お酒を飲むかどうかを聞かれ、「飲まない」と答えると、「熱いお茶か、冷たいウーロン茶、どちらにしましょうか?」と聞かれたので、友人は、「ウーロン茶」私は、「熱いお茶」にしました。
お支払いになって、熱いお茶は、無料だけれど、ウーロン茶は、856円(?)の別料金を請求されました。
メニューもなにも見せずに、もちろん、お値段も言わずに、「熱いお茶か、冷たいウーロン茶」を選択させて、800円もの料金を取るのは、いくらなんでもひどすぎます。
(メニューを見ると、同じ値段で、ソフトドリンクを選ぶこともできたのです。)

結局、粟田山荘さんの上司の方が、謝られて、ウーロン茶の分は、返金してくださいました。が、何とも、いやな感じは残ってしまいました。



 
 
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2010-07-14 23:02 | グルメ

本町の野菜のおいしいレストラン ベジブル・キッチン

e0026527_1653931.jpg新聞で見て、気になっていたレストラン、ベジブル・キッチン Vegeble Kitchen 
本町に行く用事があったので、ランチに寄ってきました。
ベジタリアン・レストランだと思っていましたが、そういうわけではないようです。野菜中心のヘルシーメニューのレストランということらしい。

ちょうど、ランチタイムでした。
店内は明るくて、お客さんは、ほとんどが近所のオフィス街の女性たち。お店の人も女性。


e0026527_1695778.jpgランチメニュー
ベジブル・ランチ 800円 を注文。
ほとんどの人が、ベジブル・ランチを頼んでいました。


e0026527_16174367.jpg本日のスープは、ミネストローネ

カップに熱々のミネストローネが入っています。少なそうに見えますが、これが意外にたっぷり。
お野菜やお豆さんもたっぷり!
ベジブル・キッチンのこだわりである「スープも笑顔もあったかいのが一番」を実践されています!

後ろに映っているのは、フリードリンクのジュース。


e0026527_16242414.jpg日替わりおかず :小芋のコロッケ とサラダ、ごぼうのきんぴら、ピクルス、冷ややっこ

雑穀米 といっても、白ゴマが主で、我が家で食べている8種雑穀とか11種雑穀よりは、マイルドな雑穀米でした。

小芋のコロッケって、ねっとりしてて、意外な美味しさでした。


e0026527_1630036.jpgデザート シャーベットとキウイ
フリードリンクのコーヒー アカシアのはちみつ

シャーベットは、器ごとフリーザーに入っていたため、かたくてスプーンがしばらく使えませんでした。

量が少ないかな? と思ったのですが、食べ終わるとけっこうお腹がいっぱいで、満足しました。
ベジブル・キッチンというだけに、野菜をいっぱい食べることができます。
外食でこれだけの野菜は、なかなか食べられません。
そして、改めて思ったのは、野菜をいっぱい食べるには、しっかり噛まないといけないこと!
ひとりで食べても、時間がかかります。


ベジブル・キッチン Vegeble Kitchen HP

Vegeble Kitchen(ベジブルキッチン)
大阪市中央区備後町4-2-4
最寄り駅: 大阪市営地下鉄 御堂筋線 本町駅
    地下鉄御堂筋線 本町駅下車 2番出口より 徒歩約2分
電話番号 06-4706-3939
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2010-06-15 22:04 | グルメ

祇園 さヽ木  お昼

e0026527_21112277.jpgここ数年、京都で最も予約の取りにくいお店、祇園の「さヽ木」
友人が、数十回電話をかけてくれて、ほとんどあきらめかけたころ、やっと、お昼の予約が取れました。
場所は、祇園四条から、歩いて10分ほど、建仁寺の南西、八坂の塔の西。もう少し、坂を登るとやはり、予約の取りにくいイタリアン「イルギオットーネ」があります。
<店データ>
■祇園 さヽ木(ささ木)
所在地:京都市東山区八坂通り 大和大路東入ル北側
TEL:075-551-5000
定休日:日曜、第2月曜
アクセス:京阪祇園四条駅 徒歩約10分

e0026527_21211684.jpgお昼は、12時スタート時間厳守、5500円のおまかせ。
16席のカウンター、到着したお客から順に座ります。

e0026527_21233124.jpg和食には、日本酒・・・というわけで、私は、すっきり辛口の和歌山の冷酒「超久」、友人は、甘口の「五凛」を注文。
よく冷えた日本酒を青竹のカップにいれてくれます。

e0026527_2126252.jpgまずは、冷たい豆乳のスープ。
夏野菜とお湯葉が入っています。
キュウリやトマトの歯触りと色、お湯葉の食感、そして、豆乳のお味が、絶妙でした。

e0026527_11123562.jpg八寸

e0026527_11131138.jpgお汁椀

e0026527_11133134.jpgお造り
かつおのたたき

e0026527_11164399.jpgほたて・えび・ブロッコリの上に、ジャガイモのピュレをかけたもの 冷製

e0026527_11193251.jpg鯛・シイタケ・三つ葉をおだしで煮たもの 

e0026527_11212160.jpgお漬物

e0026527_11214424.jpgアワビごはん 土鍋で炊いたもの

角切りのショウガがアクセント アワビは、たっぷり、そして、やわらかい

e0026527_11231910.jpgデザートは、5種類
全てをいただきました。
わらび餅と果物

e0026527_11235969.jpgチーズケーキと抹茶のムース 
ほかに、シューアイス

和食なので、コーヒーは、つきません。デザートは、チョコレートもありません。どちらも香りが、和食に合わないから。


夜が、さヽ木の佐々木さんの本領発揮なのでしょうが、お昼でも、十分に素材の良さ、お料理の楽しさを味わえます。
お昼を食べると、「今度は、夜、食べに来たい!」 と思ってしまいます。
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2010-05-14 23:10 | グルメ

花吉兆

e0026527_2028503.jpg
今年(2010年)の3月20日に、リニューアルオープンした“花吉兆”に行ってきました。 京阪祇園四条から、すぐ、南座の東です。


5階建てのビルで、各階それぞれに趣向を凝らしているようですが、私はふたりだったので、5Fの苔庭の見える個室。

この日は、びっくりするほどの大雨でしたが、雨のおかげで、苔が美しかった。

市松模様の立体の苔庭を眺めながら、テーブル席で、ゆっくりとお食事ができました。

この苔庭は、景色盆栽作家、小林健二氏の作だそうです。

 花吉兆HP 

e0026527_20291335.jpgお昼の5000円のコース

先附(さきつけ)、いわゆる前菜ですね。

e0026527_20483758.jpg若竹汁

この季節は、やはり、若竹汁ですよね。


e0026527_20495194.jpgお刺身

e0026527_2050364.jpg新牛蒡と新じゃがのかき揚げ

e0026527_22323012.jpg

e0026527_22325787.jpg果物の上にソフトクリーム

美味しかったのですが、ソフトクリームというのは、やはり、吉兆さんの和食の〆としては、ちょっとかな?
アイスクリームの方がよいのでは?


お店の雰囲気も、部屋もお店の方のサービスも、行きとどいていて、お食事もおいしく、満足でした。



 花吉兆HP 
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2010-04-22 20:27 | グルメ

京都 ラ・パンセ 料理教室 ~春の和風イタリアン~

e0026527_188354.jpg今年の春は、4月とはいえ、寒い日が多い…そのおかげで、3月の下旬から、4月初旬まで、桜が楽しめました。
桜の終わった京都・・・肌寒くても、京都の春は、心ときめきます

本日のメニューは、
-新じゃがのマリネ
-小松菜とお揚げのマスカルポーネとマスタード和え
-たけのこの照り焼き バルサミコ風味
-豆腐とえんどう豆のスープ
-たけのこのリングイネ 白みそソース
-いちごと小豆のデザート

e0026527_18144558.jpg*新じゃがのマリネ
これは、びっくりの新じゃがのマリネ・サラダ。
実は、お漬物とゆでたじゃがいもをマリネします。
お漬物は、きれいな色のものを数種類そろえましょう!

≪材料&作り方≫
新じゃが  400g 一口大に切って、ゆでる。
お漬物   しば漬け・桜漬け・みぶな漬け・白菜漬け など 200gくらい 刻む
熱々のじゃがいもとお漬物・レモン汁・オリーブオイルを混ぜる。

一晩、冷蔵庫で寝かせてもよい。

e0026527_18204650.jpg*小松菜とお揚げのマスカルポーネとマスタード和え
小松菜とお揚げという和風素材に、白アスパラと緑アスパラ、マスカルポーネ(チーズ)とマスタードのドレッシングを合わせます。おしゃれな和風イタリアンサラダです。

≪材料&作り方≫
小松菜 一束 (菜の花でもよい)
油揚げ 1枚 フライパンで焼き目をつけて、短冊に切る。
アスパラの白と緑  ゆがく
ささみ ゆでて、裂く

以上をボールにいれて、ドレッシングで和える。

ドレッシング:マスタード 大さじ3、マスカルポーネ 100g、イタリアンドレッシング 50cc を混ぜる。


e0026527_2095836.jpg*たけのこの照り焼き バルサミコ風味
春といえば、たけのこ。ゆでたたけのこをバルサミコ風味の調味液につけて、オリーブオイルで照り焼きにします。実山椒をそえて・・・。
和風イタリアンの極み?!?

≪材料&作り方≫
ゆでたけのこを、調味液(バルサミコ・ヴィネガー50cc、しょうゆ10cc、ニンニク1/2かけすりおろす)につけておく。
たけのこに小麦粉をまぶして、オリーブオイルで照り焼きにする。


e0026527_20161293.jpg*たけのこのリングイネ

たけのこの木の芽和えのリングイネ(スパゲティより平たいパスタ)です。おうどんで作っても、面白いかも?

≪材料&作り方≫
リングイネをゆがく。
白みそ 60g、酒 15cc、みりん 10ccを、弱火で炊く。ここに、適当に切って温めた たけのこと、木の芽和えの素を加えて混ぜる。オリーブオイルをたらし、必要なら塩を加える。


e0026527_20243068.jpg*いちごと小豆のデザート

イチゴとあすき??? これが、意外と美味しいのです。
白玉を入れたら、もっと、美味しくなるかも…。 

≪材料&作り方≫
いちごに砂糖をまぶしてしばらく置き、ハンドミキサーでつぶす。器にイチゴを盛り、真中にあずきをのせ、ミントの葉を飾る。

*豆腐とえんどう豆のスープ
昆布だしで作る和風イタリアンスープ!  白みそが、利いてます。

≪材料&作り方≫
えんどう豆 60gを昆布だしで煮る。ほたてを加えて弱火で煮る。
白みそと豆腐を加え、ホイッパーで豆腐をつぶす。塩で調味し、器に注ぎ、オリーブオイルをたらす。
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2010-04-14 23:06 | グルメ

京都 DOUZE GOUT ドゥーズ・グー& プチ京旅行

e0026527_2064731.jpgDOUZE GOUT 12  ドゥーズ・グー は、京町家をフレンチレストランに改造したお店。
落ち着いた和の空間とフレンチが、素敵に融合しています。
そして、お店のスタッフの対応がとてもいい感じです。

e0026527_9285217.jpg

 e0026527_9332591.jpg

 e0026527_9334331.jpg
フレンチレストラン ドゥーズ・グー
tel.075-221-2202 / fax.075-221-2203
●LUNCH/11:30-14:30 ●DINNER/17:30-23:00(LO/21:00)
●定休日/木曜日(祝日・祭事等を除く)
〒604-8112
京都市 中京区 柳馬場三条下ル 槌屋町83番地


e0026527_1013461.jpgあたりを散策・・・

若い女性が、まさに老舗という感じの和菓子屋さんから、出てこられました。
入りにくいお店ですが、友人とふたり、
勇気をふりしぼって(ずぅずぅしく)暖簾をくぐりました。

一見の価値あり!時代劇でしか見たことのないお店の中。
創業当時からの机にたんす、そして、和菓子の型。

e0026527_9354847.jpg←これが、商品見本。

いちげんさんは、お断り? 予約なしでは、買えない?
と思いましたが、お盆に和菓子を載せて、持ってきてくださいました。

e0026527_109959.jpg購入したのは、この2種類。
左の桜餅は、なぜか、草餅の桜餅(?)
1個 300円? 350円?
和菓子のお値段としては、高いけれど、拝観料と思えば、価値があります。

この和菓子屋さんの名前がわかりません。六角形の中に「良」と書いたのれんがかかっていました。

e0026527_1092990.jpg友人にもらった、美味しいお茶。

e0026527_10145924.jpg最近開店して話題の 京都産手作り石けんのお店「京都しゃぼんや」。
まるでお菓子のようなきれいな化粧石けんや様々な入浴剤などを売っています。

足湯cafeを併設していて、足湯をしながら、京菓子を楽しめます。

詳細は、クリック→京都しゃぼんや

ほかにも、蔵を改造したワインショップ クラ・デル・ヴィーノをのぞいたり、イラストレーターの永田萌さんの妖精村(お店)で絵を眺めたり、買い物をしたり…。

三条高倉~堺町~柳馬場 あたりを プチ京都旅行! 

やっぱり、京都は、「よろしおすなぁ。」
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2010-03-19 20:03 | グルメ

 京都 ラ・パンセ お料理教室  ~*~早春のフレンチランチ ~*~

e0026527_1454958.jpg本日のメニューは、
*新じゃがのポタージュスープ
*舌平目のムニエル 春色ソース
*ローストビーフ わさびソース
*パンブリエ(家庭で焼けるフランスパン風)
*コーヒーとチョコ


e0026527_1456367.jpg*舌平目のムニエル 春色ソース
《作り方》
1.舌平目(または、タイなど白身のお魚)に塩・こしょうして、小麦粉をつけて、オリーブオイルでカリッと焼いて取り出す。オーブンで保温。
2.トマトを湯むきして種をのぞき1㎝角に切り、アスパラは湯がいて1㎝角に切る。
3.白ワイン、トマト、ブイヨン、アスパラを1.のフライパンに入れて、沸騰させ、バターを加えてソースを作る。
4.舌平目にソースをかける。


e0026527_1532576.jpgパンブリエ(家庭で焼けるフランスパン風)

《材料》
中力粉(強力粉) 300g      バター   9g 
砂糖        6g       水   200g
イースト     4.5g       塩    4.5g

新じゃがのポタージュスープ
《作り方》
鍋で長ネギ1本をバター大さじ1で炒め、ブイヨン3カップと皮をむいたジャガイモ400gを加えて、ジャガイモが柔らかくなるまで煮る。ミキサー(バーミックス、あるいは、フードプロセッサー)にかけて、鍋に戻し、生クリーム100㏄を加え、塩・こしょうで調味する。


e0026527_15115210.jpg簡単ローストビーフ わさびソース

フライパンでできるので、簡単です。でも、お味は、本格派。
《作り方》
1.牛肉の塊4人分で200gは、室温に戻して、塩・こしょうしておく。
2.フライパンにサラダ油小さじ1を入れて火にかけ、1.を入れ強火で、焦げ目をつける。ブランデー大さじ1を注ぎ、ふたをして火を消す。一呼吸おいたら、肉をアルミホイルに包む。
3.カリフラワー あるいは、ブロッコリーなどを湯がいておく。
《わさびソース》
ワインビネガー 大さじ2、 わさび、 塩 1g、砂糖小さじ1 を混ぜ合わせ、 サラダ油大さじ3、マヨネーズ 大さじ1 を加えてよく混ぜる。塩・こしょうで調味する。

ローストビーフを薄切りにして、ベビーリーフ、桜かいわれ、レタス、カリフラワーなどを添える。
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2010-03-10 22:51 | グルメ