<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ひと足早い秋 豊秋三昧 ~ 銀座蔵人 ~

e0026527_1114168.jpgランチ会席 “豊秋三昧” ヒルトンプラザ ウェスト 6F 銀座蔵人 にて
「秋を美味しく豊かにする、銀座蔵人の至福の時間。」
ぐるなび ヒルトンプラザ ウェスト 6F 銀座蔵人
 
    (画像は、ぐるなび 銀座蔵人 HPより、お借りしました。 
ぐるなび 銀座蔵人 豊秋三昧


●ランチ会席●豊秋三昧 4000円 を予約して、ぐるなび のクーポンを印刷して持っていくと、なんと、ワイン お替わり自由!!!


e0026527_222553100.jpg玉手箱の中身は何?
ふたを開けると・・・煙がもやもやっ~
そして、きっと、幸せになれる!

e0026527_22265488.jpg蔵人珠宝箱秋の味覚の宝石たち・・・
●スパークリングワインとともに、宝石を、ひとつひとつ、口に運ぶと、思わずニッコリ!
食前酒:梅酒のパッションフルーツ&リンゴジュース割り

土瓶蒸し はも・松茸・車えび・三つ葉・すだち添え
●白ワイン

お造り 生湯葉と鮮魚 (生湯葉は、細かい粉状のお塩でいただきます)

煮物 ひろうす 菊花あんかけ、紅葉麩


e0026527_11284693.jpg朴葉焼き
黒毛和牛、なす、銀杏、青唐、白髪ねぎ
●赤ワイン


e0026527_11315724.jpg蟹と栗の紅葉寿司

赤だし汁


e0026527_11334334.jpg紅茶のミルクプリン  オレンジ風味のカラメルソース
コーヒー

 お店は、黒と木を貴重に、落ち着いた素敵な雰囲気。
他のお客さんのことが気にならないように仕切られています。
6階なので、昼は、外も見えて明るく、夜も梅田の眺めを楽しめます。
店員さんの対応も気持ちよく、もちろん、お料理もきれいでおいしく、そのうえ、ワインもいただいて、ゆっくりとおしゃべりし、お腹も満足・・・幸せ。 

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-08-31 22:21 | グルメ

手打ちうどん 総本家 得得 

手打ちうどん 総本家 得得 は、昭和22年創業の大阪の “家族亭” の 系列のおうどんやさんで、全国展開しています。
おうどんの麺は、しっかりした讃岐系、おうどんの種類も多いし、お寿司・会席・天ぷら・丼などメニューが豊富、お店がひろくて明るくて、きれい、うどん玉が3玉までなら、お値段が一緒、そして、手頃なお値段。
家族亭・得得 ホームページ

e0026527_17753100.jpgオープンしたばかりの 大野芝店(堺市中区大野芝町136-1) 072-230-2010 
11時半から、広い駐車場がいっぱいになるくらいの繁盛ぶり。

e0026527_17102979.jpgぶっかけ大海老とろろ 1180円
麺は、太めで固め。私の好みとしては、もう少し、やわらかいほうが好きだけど、あくまでも、好みの問題でしょう。(細麺もある)
サクサク天ぷら、半熟のポーチドエッグ(?)、とろろ&すだち・・・たっぷりのおだしをかけて、
1.5玉も、ペロリと食べてしまいました。
食後に、コーヒーも飲めるし、ボリュームもあるし、満足。


e0026527_16474423.jpg海老2匹の天ぷら卵とじ丼とおうどん、サラダのセット、とか、海鮮親子丼とおうどん、サラダのセットとか780円っていうのも、お得!
得得 っていう名前だけのことはあって、お得感が、あります。
それに、お店が、きれいでいい感じ。

今度は、あったかいおうどんを食べよう!
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-08-30 17:12 | 大阪おうどんお店

麺房 こんぴら ~手打ち手切り麺~

こないだ書き忘れたんですが、
麺房 こんぴら は、厨房の一部がガラス張りになっていて、大将が、うどんを打つところが見えるようになっています。(よくありますよね。)

うどん生地を、薄く延ばして、大将が包丁で、切っていく のを見てました。
手打ちといっても、普通、生地を切るのは、同じ太さに切れるカッターをつかうのですよね。
讃岐うどんでも、めったに、手切りの麺はないとか・・・映画「UDON」のパンフによると、「宮武うどん」と「白川」くらいだとか。 

でも、こんぴら は、完全フリーハンド、包丁の手切り
そして、細く長くなった麺を、適当な大きさに切るのは、台の上ではなく、空中
麺を持ち上げて、包丁で切るのです。

手で切るから、どうしても、細い太いが出来る
その太さの違いが、また、口中で麺のいろんな味わい、テクスチャーをかもし出す。
とくに、こんぴら の麺は、細くて、繊細。 その麺の太さに違いがあるから、食べていて、変化があって楽しい。

がんこなうどん職人風の こんぴら の大将ですが、目と目が合うと、愛想よく会釈をしてくださいました。
人柄が、表れていて、うれしかった!


おうどんを食べた後で、麺作りの様子を、写真に撮ろうと思っていたら、麺作りは終わってしまいました。

うどん好きなら、行くべし! 関西空港の東 泉南のおうどんやさん

大阪 泉南の “うどん 街道”に絶品のおうどんやさんを発見  麺房 こんぴら

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-08-29 16:21 | 大阪おうどんお店

“恐るべきさぬきうどん” カップうどん

e0026527_9301195.jpg映画「UDON」を見て、映画館のショップで見つけた  “恐るべき さぬき うどん” ~きつね 大~ カップうどん! 250円
持ってみると、けっこう重い・・・表示を見ると「生タイプ」。おうどんの麺が、“生”ってこと。

e0026527_9303821.jpgこれが、お丼(カップ)とフタ、中身の全て。
  カップ麺って、「作り方」が、カップの側面に書いてあるのですよね。作りながら読むのが、むずかしい。ふたのほうに書いておいてくれたらいいのに、って思うけど、スペースの問題だとは思うけど・・・。 


“恐るべき さぬき うどん”の作り方は、2つ。
・おいしい作り方
1. お湯をわかして、うどんの麺をカップの中に入れ、熱い湯を注ぎ、麺をほぐす。
2. フタをして(フタには、お湯捨て用のツメがついている。)湯を捨てる。(これは、うどんをほぐし、温めるとともに、麺についている油分を落とすため) 
3. 具とおだし・七味をうどんの上に乗せて、熱湯をカップの内線まで注ぎ、1分ほど待てば出来上がり。
・簡単な作り方
1. お湯をわかして、うどんの麺とおだしをカップの中に入れ、熱い湯を内線まで注ぐ。
2. フタをして3分待つ。このとき、ふたの上に具を置いて、温める。
3. 具と七味を入れて出来上がり。


e0026527_9311437.jpgきつねうどんの出来上がり!
わたしは、おいしいほうの作り方で、作りました。
フムフム、なかなかの香り。麺は、讃岐うどんらしいコシは、ほとんど無い。かといって、大阪おうどんのふっくらもっちり感も、無い。だけど、「うどん」らしい味と食感は、ある。
きつねは、大きくて、ふっくらしていて、甘醤油の味付けもいい。
おねぎは少ないので、生を追加。
わかめ が、入っていて、香りがよくて思いのほかおいしい。鳴門わかめ?
まぁ、この手軽さ、保存性(消費期限 07年1月7日)を考えれば、買い置きしておくと便利、でしょう。

e0026527_9314270.jpgこちらは、「かきあげ大」 250円
さぬきうどんには、天ぷらのほうが、合うから、こちらのほうがおいしいかも?

製造者:株式会社 宮武讃岐製麺所

ネットで検索したところ、このカップうどんと同じ「宮武讃岐製麺所」の半生めんとおだしのセットは、見つけることが出来たけれど、カップうどんは、見つかりませんでした。

映画「UDON」の主人公の父親・拓富のモデルとなった大将の店は、「宮武うどん店」(琴平町)
このカップうどんの製造者・宮武讃岐製麺所(丸亀市)とは、無関係。
ですが、両方とも、人気のさぬきうどん店、らしいです。(宮武讃岐製麺所のうどんやさんは、高松市にあるようです。)
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-08-29 09:38 | 他のうどん

大阪 泉南の “うどん 街道”に絶品のおうどんやさんを発見

 麺房 こんぴら
注文をとりにきたかわいい女性に「このお店は、讃岐系のおうどんやさんですか?」って聞いたら、「おとうちゃんが始めたお店で・・・。讃岐かなぁ?」と、はっきりしない返事。
食べてわかりました! おとうちゃんが、長年の技とこだわりで、作り上げたこの店だけの凄い “麺” なんやねぇ。
 
e0026527_9501630.jpg 天ぷら冷しうどん。(1300円~1400円くらい)
Sさんの報告で、待たされることは、聞いていたけど、1時をとっくに過ぎていたし、かなり、おなかがすいてきた。それに何より、おだしのいいにおい!
店は、真ん中に相席用の大きなテーブル席があり、4人がけの椅子席が3つくらい、お座敷席もありました。地元のお客さんらしき、家族連れ、カップル、女性同士などでほぼ、満席。
15分くらい待ったかな? 運ばれてきた「おうどん」は、輝いています! 写真より、もっと、ピカピカしていました。
薬味は、ショウガ、ねぎ、大根おろし、ごま。おだしに薬味を入れて、この美しいおうどんをつけて、口に・・・なんて言ったらいいんでしょう・・・まず、稲庭のような上品な繊細さ を感じ、次に、口中から、のどをすべる つるみ、ときおり、「コシ」とは、ひと味違う「たおやかな強さ」があり、やわらかいだけではない 「ここちよいやさしい麺の感触」ガ楽しめる・・・手打ち、手切り、細めの麺の打ち立て、ゆがきたてならではのさまざまに変化するおいしさ、小麦の味のよさ・・・。

e0026527_9504647.jpg天ぷら
もちろん、サクサクの揚げたて。
大きな海老に、かぼちゃ、えのき、ピーマン。
おうどんに、よく合う。けっこう、ボリュームもある。
これだけ食べ終えて・・・ホントは、冷しうどんだけ、もう1杯食べたかった! でも、また、15分は待たないといけないし・・・。

e0026527_951101.jpgカレーうどん
最近、自家製カレーうどん作りに、はまっている 相棒の P は、研究のため(?)カレーうどんを注文。
私は内心、「このおうどんやさんで、カレーうどん?!?」って思ったけれど・・・。
このお店の絶品の麺は、意外にも、カレーにもよく合う。 カレーとの絡みもよく、そのやさしい強さが、カレーに負けず、かといって、麺が強調しすぎることも無く・・・。
ようするに、いい麺は、うどんの種類を選ばず!

我が家から、車で、1時間・・・それでも、また、食べに行きたい。

こんぴら 余談 →クリック めったにない 手切り の麺

麺房 こんぴら  大阪府泉南郡熊取町大久保北2-23-17
    TEL 0724-53-1939

「こんぴら」の北に「よしの」、そして、チェーン店の「さぬきや」、「なか卯」、「のらや」が並び、よしのから北へ行けば、「なにわ」、貝塚市には、「よさこい」、・・・と、泉南には、おいしいおうどんやさんが、沢山あるようです。
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-08-28 09:51 | 大阪おうどんお店

うどん好きなら、行くべし! 関西空港の東 泉南のおうどんやさん

e0026527_1620584.jpg

泉南のうどんマップ (ちょっと、わかりづらいですが・・・)


「大阪おうどんの会」メンバーのSさんが、以前、泉南のおいしいおうどんやさんを紹介してくださり、ずっと行ってみたいと思っていました。
泉南とは、大阪市の南、和歌山県と接するあたり、関西空港のある泉佐野市、けんか祭りとして有名なだんじり祭りの岸和田市、も泉南です。泉南は、“水なす”の産地としても、有名です。
「・・・略・・・添付地図に示します様に外環状線の道筋にうどん屋があります。チェーン店である「のらや」、「さぬきや」、「なか卯」が大きな店を構えています。
そこから歩いても10分もかからないところに「麺房こんぴら」「よしの」があります。両店とも創業30年を誇ります。おいしくなければ30年はもちません。
名前から判る様に泉南のうどんは四国系です。たまねぎ、タオル、うちわと四国と縁が深い関係でしょう。
「麺房こんぴら」は注文して出て来るまで時間が掛かるとの評判で実際時間が掛かります。しかし、お客さんは待っています。待っても良いくらいおいしいとの評判です。

(これらのうどん屋のある)熊取町は人口45000人の町です。財政的に周りの市より恵まれているので(まわりの市からの合併の誘いを断り)、町のままでやっています。6つの大学を持ち豪農の屋敷も残り、学問・文化の町を目指しています。

(地図には、載っていませんが、もう少し北)貝塚市には、「よさこい」があります。ここも3代50年を誇ります。」  Sさんのおうどんやさん紹介文より。(一部変更)


e0026527_1731856.jpg麺房「こんぴら」
「こんぴら」の「こ」の字が、一部欠けていて、目の前を通ったけれど、気付かず通過・・・けっこう、苦労して見つけました。
1時過ぎ・・・7~8台分ある駐車場はいっぱい。 外は、36度の炎天。 しばらく、待ちました。

e0026527_9532816.jpg
でも、待ったかいがありました!
私が今までに食べたおうどんの中で、最高の麺

詳細は、あす・・・つづく →クリック→ 「大阪おうどんの会」 麺房 こんぴら 
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-08-27 16:20 | 大阪おうどんお店

UDON de LUNCH ?!?

映画 UDON を見た後は、「おうどん」食べるしかないでしょ!
・・・というわけで、
泉南で1番おいしい(?!?)と評判の「おうどんや」さんへ・・・。

    明日をお楽しみに・・・。
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-08-26 21:29 | 大阪おうどんお店

映画「UDON」 本日、封切!  

映画 「UDON」 朝1番、9時半から、見てきました!
「うどん」が、映画になる!?! どんな映画が出来る、っちゅうねん?
・・・・・・・
あぁ~、「恐るべき讃岐うどん」あの本が、ベースになってるんか・・・。なるほど・・・。
麺通団の成り立ちエピソードと、讃岐の信じられへん、変なうどん屋の話しかいな・・・。
それにしても、えらいもんやなぁ・・・。
讃岐うどんは、映画まで作ってしもた。スパゲティーにも、ラーメンにも、でけへんかったことを、讃岐うどんは、でけた!・・・次は、世界進出やろなぁ。

映画の中で、言われてたで・・・「大阪は、“たこ焼きの聖地”」 やて。そいで、「うどんの聖地は、“讃岐”」やて・・・。まぁ、ええわ・・・聖地は、讃岐ってことにしておきましょ。
 

夏バテや、夏ボケや、夏サボりや・・・言うてる場合ちゃうがな。「大阪おうどん」どないすんのん?
「大阪おうどんの会」のブログも、ホームページも、夏休みのまんま やん。

 すんません。「大阪おうどんの会」・・・ぼちぼち、エンジンかけますわ。
ぼちぼち、大阪のおうどんやさんの紹介やら、おうどんの情報やら、ブログやホームページに更新します・・・。
「UDON」の映画見て、おうどん食べとうならはったら、いっぺんは、大阪おうどん・・・つるりとコシの無い、やさしいおうどん、昆布と節と淡口醤油の全部飲み干してしまうおつゆ(おだし)、そして、鍋焼き・きつね・天ぷら・かす・・・具・麺・だしのハーモニー・・・、を食べてみてくれへん? 


映画「UDON」公式サイト
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-08-26 17:33 | 他のうどん

夏休み

しばらく、夏休み・・・
   こちらのブログも、お休みします。
  
  お盆明けには、再開予定ですので、お楽しみに・・・。


皆様も、どうぞ、素敵な楽しい夏休み をお過ごしください。 
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-08-04 00:58 | その他

文化人 ~ あこがれの人 ~

e0026527_10484947.jpg先日、名古屋を訪れた際に、昼食を食べた とんかつ 恵亭(けいてい) で、出会った方・・・Tさん。会社を退職され、生まれ故郷の松坂の夏祭りを見に行かれた帰りに、名古屋まで見送りにこられた妹さんと昼食、ということで、入られた とんかつ恵亭 で、私たちと向かい合わせの席となりました。


←左の絵も、Tさんが描かれました。


e0026527_10333931.jpgTさんは、サファリーハットの素敵なおじさま。お連れの女性は、「恋人?」って思ってしまった・・・実は、妹さんで、上品で、とても可愛い女性。
Tさんは、在職中は、理系のお仕事だったけれど、今は、歴史に詳しく、お茶をたしなまれ、書・絵も素晴らしい腕前(って言うのかしら?)、「美しい日本の歌を伝えてゆく会」-響-を主催しておられる、そして、愛犬家・・・お話も、話題が豊富でとても楽しい方。

私は、「無芸好食」なので、Tさんのような方に、憧れます。 

←左のカードが、Tさんより送られてきました。
Tさんのご両親は、
『「おうどん」大好き人間でした。 特に 「小田巻き蒸し」 が好きで、そのために松阪の窯に器(麦わら地でややおおぶり)を焼かせ、子供に10客づつ渡した程です。』

暑いときに、フウフウ言いながら、食べる 熱いおうどん。確かに美味しいです。
夏ばてが、吹っ飛びます!




「Tさん、また、お目にかかって、いろんなお話伺いたいです。
トンカツやさんでは、お帰りのお時間もあって、ゆっくり、お話できませんでしたものね。
素敵な妹さんも一緒に、ぜひ、大阪のおうどんを食べましょう!」 


~名古屋 食いだおれ記録~ NO.3  味噌かつ 

Tさんからのお葉書 → クリック → 即席麺だって、美味しい!
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2006-08-03 10:37 | 他のうどん