<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

“ コナモン博 ” もちろん、おうどんも!

たこ焼き、うどん…10月1日から大阪でコナモン博
9月27日7時50分配信 産経新聞


 たこ焼き、うどん、お好み焼き-。コナモンの街・大阪をPRする「大阪コナモン博覧会」が10月1日から始まる。スタートを前に26日、実行委員会が大阪市中央区の飲食店「くいだおれ」で会見を開いた。 “会場”は大阪にある130店の飲食店。全店を網羅した特典付きガイドブックを発行し、観光客などに大阪の食を堪能してもらう。

 食文化研究家でタコヤキストの熊谷真菜さんが実行委員長を務める「大阪コナモン博覧会実行委員会」が主催する。

 大阪の食の代名詞にもなっている、たこ焼きやお好み焼きといった小麦粉を使った料理「コナモン」を通して、より深く大阪の街を知ってほしいと計画された。

 期間中、130店を紹介したガイドブック(315円)をそれぞれの店舗で販売する。ガイドブックには人気の店主による「たこ焼きアツアツ座談会」や、おすすめの大阪観光コースなども盛り込んでいる。

 会見した熊谷さんは「大阪ではたこ焼きそのものに加え、売ってる人がいい味をだしている。ガイドを手に大阪を歩き、街の楽しさを体感してもらいたい」と話した。

 10月20、21日には、大阪市浪速区の湊町リバープレイスで、大阪のたこ焼きやお好み焼きの有名店が集結する「ミナミ粉もんパーク」を開催する。
公式ホームページ (http://konamonzaq.jp/)では全店を動画で紹介している。
問い合わせは実行委員会事務局((電)06・4392・8488)へ。

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-27 17:10 | 大阪おうどん情報

豆乳で、美人麺!?! 豆乳麺 発売 佐賀

佐賀新聞 8月31日更新 佐賀新聞 豆乳麺

芦刈産大豆使用の「豆乳麺」発売

小城市芦刈町の「あしかり豆美人」(藤田タカ子代表)が、芦刈産大豆でつくったオリジナルの豆乳を麺(めん)に練り込んだ「豆乳麺」を発売した。口の中に広がる豊かな大豆の甘みと、ツルツルとした食感が特徴。県産品にこだわった新食材として、JA佐賀の風土館季楽(佐賀市)などが扱っている。

 豆乳麺は、同社から委託を受けた「小城の糸」(同市牛津町)が製造。県産シロガネコムギの小麦粉に、芦刈産大豆フクユタカを使った豆乳を加え、細めのうどん状に仕上げた。価格は3束(240グラム)入りで420円。

 アイデアの原点は、昭和40年代まで芦刈の各家庭で盛んだったうどんづくり。「子どもたちに体に優しい食材をたくさん食べてほしいと思った」と藤田代表(60)。開発には、国の小規模事業者・全国展開支援事業の補助を受けている。

 季楽のほか、地元芦刈町の物産直売所や佐賀空港売店「凡」、楽庵(佐賀市)などでも扱っている。藤田代表は「芦刈の特産品として定着させたい」と話している。問い合わせは「あしかり豆美人」、電話0952(66)1752へ。



[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-09 11:54 | 他のうどん

イタリアン レガーレ Regare

e0026527_11245255.jpg前菜
種類が多くて、楽しめます。ワインが飲みたくなります。
ローカルですが・・・大阪狭山の住宅街にあるイタリアン レガーレ で、パスタのランチ 1500円 を食べてきました。

イタリア料理 レガーレ:大阪府 大阪狭山市 西山台1-1-10
072-367-3337

e0026527_11251716.jpgパスタ
パスタは、以下の3つの中から選べます。私は、ボロネーゼを選び、一緒に食べた人は、スモークサーモンときのこのスパゲティーの大盛り(+300円)
・ソーセージとブロッコリー
・ボロネーゼ(ミートソース)
・スモークサーモンと木の子

手作りしているって感じの味。けっこう、お料理が出てくるまで時間がかかります。
ボロネーゼらしくはないけれど、おいしかった。サーモンのスパゲティーも、オイリーではなく、おいしい。

e0026527_11253859.jpgデザート
パウンドケーキ・コーヒームース・バニラアイス
これに、サラダ、パン、コーヒーがついています。
量もたっぷりだし、お味も家庭的で、よいと思います。

ただ、写真でもお分かりのとおり、盛り付けが、いまいち。前菜に、イタリアンパセリ、スパゲティーにバジル、デザートにミント ・・・など、ちょっと、色彩を加えたら、もっと、グレードアップするのに・・・。

イタリア料理 レガーレHP
イタリア料理 レガーレ グルメ Gyao
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-09 11:26 | グルメ

にんじんうどん登場 埼玉

asahi com. 埼玉

◇新座の新名物へ 試験販売
 新座市特産のニンジンを使った「にんじんうどん」が9月から、同市役所地下食堂に登場した。讃岐産がベースの小麦粉にペースト状にしたニンジンを練り込んだ生めんは、こしが強く、あっさりとした食味。特有のくせも抑えられ、ニンジンが苦手な子どもにも抵抗なく食べられるという。
 市によると、新座はニンジン(秋冬もの)の年間出荷量が2850トン(05年度)と、県内では所沢市に次ぐ特産地だ。市内では昔から慶事などで手打ちうどんを振る舞う習わしもあり、地元の製めん会社役員の村野一郎さん(43)が「新座の新たな特産品に」と02年秋に地場産のニンジンを使ったうどんを開発した。
 村野さんは市の「観光都市づくり推進市民会議」にも参加。地元の農家やこんにゃく製造会社、商工会などと商品化へ向け試行錯誤を続けてきた。「品種や時期によってすりおろし方を加減するなど、ニンジンらしい色を出すのに苦労した」と村野さん。市のイベントなどで提供して評判を呼び、市役所食堂での試験販売が決まった。
 食堂では当面、「冷やしぶっかけうどん」(400円)として提供。1日20食限定だが、サラダ感覚で食べられる新メニューとして好評という。
 市観光都市づくり推進室は、食堂での反応を見ながら販路の拡大や土産品などの商品化を図る。11月に行田市で開かれる「埼玉B級グルメ王決定戦」(仮称)にも出品し、「行田のゼリーフライや東松山のやきとりに並ぶ名物にしたい」(同推進室)と意気込んでいる。
 地下食堂「ペッパーミル」の営業時間は、平日の午前11時~午後2時。問い合わせは同推進室(048・477・1111、内線1090)へ。



にんじんうどん登場 asahi.com 2007年09月05日
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-06 11:47 | 他のうどん

「音楽熟成うどん登場」 おうどんに、モーツアルト

日本海新聞 Net Nihonkai   2007/09/03

初の音楽熟成うどん登場 モーツァルトでじっくりと 
 
 「情熱うどん しこう亭」(鳥取県境港市竹内団地)は二日、うどん店では全国初となる音楽熟成を導入し、リニューアルオープンした。手打ちうどんを低温庫内で、モーツァルトの音楽を聴かせながら熟成。素材にこだわった本格讃岐うどんを百円から提供している。

 右脳に良いとされるモーツァルトの普及活動に取り組む「日本音楽熟成協会」(米子市、杉原弘一郎理事長)の指導を得て、うどんの音楽熟成を導入。うどんは、奥大山の水や地元産の塩などを使って手打ちしている。

 店内にもモーツァルトの音楽を流し、来店者は舌と耳で音楽熟成を楽しみながら、腰のあるうどんを味わっていた。

 同店を経営する片岡商店の片岡孝雄代表は「山陰の特徴を生かしたいと思い、音楽熟成を取り入れた。音楽熟成のうどんは一段とおいしくなったと好評。うどんを通じてお客さんの健康に貢献できれば。可能な限り百円で提供していきたい」と話している。

http://www.nnn.co.jp/news/070903/20070903010.html
初の音楽熟成うどん登場 モーツァルトでじっくりと 
 
 

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-03 23:49 | 他のうどん

缶入りの「うどん」発売! 非常食にも、よさそう!

ITmediaニュース 9月3日13時56分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000031-zdn_n-sci
うどん缶
「らーめん缶」の次は「うどん缶」
     9月3日13時56分配信 ITmediaニュース

e0026527_1752879.jpg


秋葉原などで人気のラーメン風味の缶詰「らーめん缶」を開発・販売するUMAIはこのほど、うどん風味の缶詰「うどん缶」を全国の自動販売機で発売した。きつねうどんカレーうどん の2種類あり、ラーメン缶同様コンニャク麺を使用し、のびにくく崩れにくいのが特徴。ラーメン缶よりも麺を太くした。

 きつねうどんは細かく刻んだ油揚げやかまぼこ入り、カレーうどん は豚肉入りで、和風だしを利かせた。それぞれ280グラムで73Kcal。フォークも付いており、缶を開ければそのまま食べられる。

 オープン価格で、実売予想価格はきつねうどんが300円前後、カレーうどんは350円前後。今後はけんちんうどん缶や、ご当地ラーメンや有名ラーメン店の缶詰を発売する予定だ。

 らーめん缶は、都内のラーメン店「麺屋武蔵」店主が、ガスや水道が止まった新潟県中越地震被災地で炊き出しを行った際、ガスや水が止まった被災地でもラーメンを提供したいと思ったことがきっかけで開発されたといい、今年4月の発売以来200万缶売り上げた。

 同社は「うどん缶をラインナップに加えることで、一般消費者や地震の被災者に、商品を選べる楽しさを提供したい。今後も缶食文化の成長に期待し、貢献していく」としている。


    ITmediaニュース 9月3日13時56分配信 より

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-03 17:04 | 他のうどん

朝青龍帰国で食欲?肉とうどん食べる

 朝青龍帰国で食欲?肉とうどん食べる 

日刊スポーツ 2007年9月2日9時14分 紙面から

 【ハラホリン(モンゴル)1日=盧載鎭】朝青龍(26=高砂)のモンゴル生活の詳細が明らかになった。滞在している親族経営のドリームランドリゾートの従業員が、友人に明かした。到着翌日(8月30日)から、うどんや肉などの食事を取りはじめているが、日本のマスコミの目を避けて同施設内2階の専用部屋からほとんど出ていないという。一方で関節治療を予定しているホジルトの温泉施設は、異例の24時間受け入れ態勢に入った。

 朝青龍は帰国翌日から食事を取り始めていた。ドリームランドリゾートの従業員が、友人に電話した内容によると「着いたばかりの時はスープを飲んだが、翌日からはモンゴル式うどん と肉も食べている」という。日本ではスープと水しか口にしていないとされていたが、母国に戻って食欲がわいてきたのだろうか。
   (略)


モンゴル式うどん:羊の肉や野菜を入れて煮込む うどん で、「ゴゥルタィシュゥル」と呼ぶ。モンゴル料理のお店で食べることが出来るらしい。
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-02 23:12 | 他のうどん

海藻アカモクを練り込んだ 「あかもく うどん」 宮城県

 アカモクうどん商品化 宮城・松島、消費拡大に関係者期待 
 河北新報 より

宮城県松島湾産の海藻アカモクを練り込んだ「あかもく うどん」が松島町内で発売された。白石市の製めん業「はたけなか製麺」(佐藤隆社長)が、松島観光協会などと協力して開発した。ツルリとした食感が好評で、町は観光地松島の新名物として期待している。


以下で、購入もできます。↓
あかもくうどんHP
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2007-09-01 09:58 | 他のうどん