<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「モンドセレクション」最高金賞 「うどん屋赤兵衛」 

群馬の星野物産 「モンドセレクション」の2008年最高金賞を受賞

星野物産連続最高金賞

 製粉・めん製造販売の「星野物産」(みどり市)が販売する乾めん「うどん屋赤兵衛」など4商品が、世界的な食品品評会「モンドセレクション」の2008年最高金賞を受賞した。同社は、昨年も「上州地粉手振りうどん」など2商品で同じ賞を受賞しており、2年連続の快挙となった。

 ほかの受賞品は、「そば屋赤兵衛」、しょうゆ味のラーメン「黒鉄屋赤兵衛」、みそ味のラーメン「黒鉄屋黒兵衛」。今回受賞した商品の最大の特徴は「乱れもみ切り打ち」という製法。

 昨年の受賞品は、めんの表面に細かい凹凸を付けた「もみ切り打ち」製法で、めんにつゆがよく絡むのが特徴。今回は、めんの太さをあえてそろえない手法も加え、手打ちめんにより近い食感を出した。

(2008年5月24日 読売新聞)

YOMIURI ONLINE より

星野物産 HP

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-05-26 12:58 | 他のうどん

今日亭で 鍋焼きうどん

おうどんやさんで、何を食べようか? と迷ったとき、私が注文するのは、鍋焼きうどん。
そして、
鍋焼きうどん に、入っていてほしい “3種の神器” は、
海老の天ぷら、こんがり焼いたお餅、半熟卵
そして、
土鍋の中で、グツグツと煮えたぎっているおうどん

本日、お昼に、今日亭で、鍋焼きうどんを食べました。やっぱり、期待通り、美味しかったです。
満足(*^。^*)

     写真がなくて、ごめんなさい。
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-05-25 15:52 | 大阪おうどんお店

居酒屋 の おうどんサラダ

e0026527_12471234.jpg旬鮮の房 はたごや  なんばCITY

難波で、おしゃべり&いっぱい飲もう! ということで、 なんばCITY のはたごや、へ・・・
個室なので、プライバシー保障(?)、さわいでもオーケー!

写真は、 讃岐サラダうどん

e0026527_12511483.jpg讃岐うどんは、冷凍かも?
でも、十分コシがあって、美味しい。サラダにも、よく合う。
たれは、ごま。 
最後の締めは、麺類が食べたい。
そして、こんなサラダ麺は、さわやかで、GOOD!
・・・といいながら、最後の最後は、デザート(私は、アイスクリームにアツアツの芋きんとん添え)を食べました。

旬鮮の房 はたごや なんばCITY
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-05-22 12:54 | 他のうどん

女性のための(?)手打うどん工房 “ 穂の香 ”

大阪おうどんの会 特派員 H さんからのレポートです。
うどんレポート by H

「穂の香」@天王寺ミオ
“穂の香”は、“グルメ杵屋”の系列店で、HPによると「特に女性の方を意識した、手打うどん専門店」
    前回、麺が美味しくてびっくりしたので、また行ってきました。

e0026527_11135331.jpg小海老のかき揚のおろし塩ぶっかけうどん」¥880
この麺・・・とにかくつやつや!美しい・・・讃岐うどんを思い出させるつや
実際食べてみると、見た目通りのコシつるっもちっとした食感。
でも、讃岐うどんのような「噛み切れない」ほどのコシ、とは違って、弾力はあるけど食べやすい

そして楽しいのが、さまざまなトッピング
私が注文したのは「塩ぶっかけ」なので、塩が二種(梅塩と抹茶塩)、プラス普通のつゆもあり、薬味はネギとしょうがだけでなく、おろし・のり・カツオつき、ゴマと一味もお好みで・・・という豊富さ。味の変化が楽しめる♪

そして熱々のビッグなかき揚。海老とたまねぎ、人参などからっとしていて、麺・つゆと合う!

一皿で充分食べ応えがあって満足でした。

他のメニューも豊富で、定番のきつねや鳥、カレー、天ざるから、ちょっと変わった豆乳クリームやサラダぶっかけ、明太たまごなんていうのもあり。

定食にすれば季節のご飯やサラダ、デザートまで付けることができるので、飽きずにだれもが楽しめる工夫がされてるなぁと感心。

気軽に行けるという意味でもお勧めです♪


杵屋 HP

女性をターゲットにしたおうどんやさん! というのは、すごい。 ひとりで、友達と仕事で・・・女性が入りやすくて、満足できるおうどんやさん・・・メニューが豊富で、楽しくて、デザート&コーヒーまで、頼める。
女性の “欲張りな” 欲求を満たしてくれるお店のようですね。
私も、一度、行ってみよう!
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-05-20 11:11 | 大阪おうどんお店

ルポンドシエル  大正モダニズムの名建築へ移転後

e0026527_16564359.jpgPlaisir en miniature
愉しみへの誘い


スイカのピュレ

e0026527_1657148.jpg

Prémice 以下の二つよりチョイス
e0026527_16573431.jpg  Petite tarte feuilletée fine mini-ratatouille froide au basilic et
œuf poché au vin bloanc
ラタトゥイユとポーチドエッグのタルト バジル風味



e0026527_1794134.jpg Marbré de lapin confit et péquillos aux aromates,salade de légumes croquants de saison, vinaigrette acidulé
ラパンのコンフィとペキーオのマルブレ  野菜のクロカンのサラダ ヴィネグレットソース
   (ラパン:うさぎ)


メイン 以下の二つよりチョイス

e0026527_1713114.jpgSuprême de pintade moelleuse au saveur de muscade des indes petit pois en déclinaison, jus au chorizo
ナツメグの香るほろほろ鶏胸肉のクルート焼き
グリーンピースのデクリネゾン チョリゾ風味のジュ


e0026527_17131910.jpgDos de daurade au curry mijoté d'asperges vertes et tomate  à la sariette comme un crumbule jus d'agrumes
真鯛のカレー風味 アスパラガスとトマトのミジョテ添え
柑橘の香るジュ


Gourmandise

e0026527_17155042.jpgMousse passion façon panacotta, sorbet au lait d'amande amèretuile riz soufflé au caramel
パッションフルーツのパンナコッタとアーモンドのソルベ
お米のスフレの入ったキャラメルのテュイル 

+ デミタスコーヒー   

¥3,150 (税込み +10%サービス料)


e0026527_17195269.jpg2007年 11月
ルポンドシエルは 大林ビルの30階から、その向かいの
大正モダニズムの名建築  大林組旧本店ビルに移転



ルポンドシエルHP

五感で、ケーキ&コーヒー


ルポンドシエル バースディ ランチ

大林ビル 30階のときに 2回、ルポンドシェルでランチをいただきましたが、正直言って、前のほうが、良かったと思います。
まず、30階というロケーションとフロアののびやかな広さが、素敵でした。
移転後のルポンドシェルは、エントランス・フロアーや個室は、素晴らしいのですが、レストランは、少し小さく(40席)なりました。
お食事は、お味はよいけれど、ボリュームダウン。
その分、満足度もダウン。

ランチは、3150円と6825円(+サービス料10%)のコースの真ん中位のものがあったらよいのでは?

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-05-19 16:55 | グルメ

五感 北浜本館 で、ケーキ&コーヒー

大正11年の建築の新井ビルを改装して、ケーキショップとカフェルームにしている五感 北浜本館。新井ビルは、皇居二重橋や奈良ホテル等を設計した河合浩蔵氏の設計。
ケーキショップは、いつも、お客さんでいっぱい、そして、2階のカフェルームも、しばらく待たないとは入れません。

e0026527_15303371.jpg黒豆のモンブラン と 有機栽培コーヒー

ルポンドシエルで、ランチを食べた後なのに、五感でまた、ケーキ&コーヒーをペロリと食べました。
黒豆好き+モンブラン好き=黒豆のモンブラン 幸せ
ひとくちケーキとシャーベットも嬉しいです。

ルポンドシェルでランチ

五感HP
[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-05-19 15:33 | パン・ケーキ・お菓子

わが町にも歴史あり・知られざる大阪:/81 間長涯 大阪市西区 /大阪


毎日jp

◇天文観測し寛政改暦
 角藤定憲の「改良演劇発祥之地」の碑がある新町南公園には、もう一つ碑がある。南東角の「ここに砂場ありき」だ。大阪案内人の西俣稔さんが「そば発祥の地なんです」。

 はて、そばは東京、大阪はうどんでは? 「秀吉の大坂城築城の時、資材置き場だったのが砂場。働く人たちに早くメシを食わせるために、うどんやそばのめんができたわけですな」。砂場の場所は、正しくはここではなく、新町演舞場の玄関を残す大阪屋のさらに西、今はない西六幼稚園の西側だったという。

 和泉屋、津国屋の2軒のめんの店があった。和泉屋はかなり大きな店で、店内のソテツも名物だったようだ。「さすが砂場。あんな大きなワサビが植えてある」「あれはトテツというものじゃ」「バカにするな。トテツとは血を吐くことだ」てな会話が交わされたと伝えられる。

 落語に、堺・妙国寺の「夜泣きのソテツ」を見物に来た江戸の男が「大ワサビかと思った」と言う噺があるので、ソテツをワサビというのは、どうやら江戸時代の定番のギャグだったようだ。

 その後、砂場そばは江戸へ出て、今に続くのれんでは最も長い歴史を持つが、残念ながら発祥の大阪に砂場そばはない。碑は85年、「大阪のそば店誕生四〇〇年を祝う会」が建立した。

 落語でも、大阪では「時うどん」、東京では「時そば」だが、最近は大阪にもうまいそば屋が増えてきて、納豆は食べない生粋の関西人の私も、すっかりそば好きになった。そんな話はどうでもよろしな。

    ◇ 

 少し南下して、長堀通へとやって来た。通りのグリーンベルトにある西大橋の駐輪場の西に「間長涯天文観測の地」と刻まれた石碑が建っている。間長涯(はざまちょうがい)(1756~1816)は本名・重富。新町の質屋のせがれとして生まれた天文学者だ。西俣さんが言うには「当時使われていた貞享暦は、100年たてば6時間の誤差があった。それを調整した寛政暦を作ったんが長涯なんです」。

 碑のある場所は、長堀川に架かっていた富田屋橋の跡。長涯はここで天文を観測し、奉行所はその間、橋を通行止めにしたという。そうして寛政9(1797)年に作った寛政暦は明治の初めまで使われた。日本初の日食観測用ガラスを考案するなど、日本の天文学に大いなる功績を残し、海外にも名を知られた学者だ。

 「中天游」の回(2月15日)で述べた町人学者の系譜で、長涯は重要な位置にある。長涯の師匠が天文学者の麻田剛立(ごうりゅう)で、寛政暦のズレを発見し、幕府に暦の改訂を依頼されて長涯らを江戸に派遣した人である。幕府は長涯を引き止めようとしたが、長涯はこれを断り、家業の質屋を継いだ。名誉や地位より自由な研究を重んじたところが、なんとも大阪人らしい。

 長涯の弟子にエレキテルの橋本宗吉や、懐徳堂の山片蟠桃らがいる。橋本宗吉の弟子が中天游だ。大阪はかつて、学問の中心地で、今の西区がその中核を担っていた。

 ふと、暮れかけた空を見上げると、中空に丸い月が浮かんでいた。長涯も210年余り前に、ここから月を見上げたのだろうか。【松井宏員】


毎日jp より


[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-05-13 12:33 | 大阪おうどん情報

世界麺フェスタの来場者、4日間で14万人

四国新聞社 webより

世界麺(めん)フェスタ2008inさぬき」の実行委は7日、オープニング(3―6日)の主会場となった香川県高松市のサンポート高松の来場者数をまとめた。4日間の合計は、想定の8万5000人を大幅に超える約14万人で、麺は国内外を合わせてほぼ想定通りの計約5万2000食を販売。実行委は「天候にも恵まれ、大成功となった」と話している。

 実行委によると、来場者は4日に最多の4万人を記録したほか、連日3万人を超え、6月開催の善通寺会場を合わせた人出予想(10万人)も突破。要因として、麺の販売が好調だったことに加え、ファッションショーやシンポジウムなど無料イベントに満員の1500人を動員できたことも数字を押し上げた。

 海外7種類の麺で最も売れたのは、トルコの「クイマルマカルナ」で5900食。韓国の「チャンチグクス」は4400食、イタリアの「パスタ」が2300食で続いた。中国・陝西省が提供した3種類の麺は、現場で生地を打っていたため供給が追いつかず、合わせて4800食だった。

 一方、国内12道県は、秋田の稲庭うどん や北海道の札幌ラーメンなど、いずれも想定を上回る売れ行き。讃岐うどん も3種類合わせて8700食が売れた。

 同フェスタは今後、10日から6月8日まで県内8市町で独自のイベントを展開。フィナーレ(6月13―15日)の善通寺会場では、中国・陝西省の麺のほか、稲庭うどんなど国内8種類(予定)の麺が販売される。



四国新聞社 webより

[PR]
by IPE-OsakaOudon | 2008-05-10 11:16 | 他のうどん