<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ザ・リッツ・カールトン大阪 「スプレンディード」

e0026527_19282887.jpg前菜 

ひさびさの ザ・リッツ・カールトン大阪  イタリア料理「スプレンディード

全面改装されて、リッツ・ホテルらしい重厚なヨーロピアンテーストは残しつつ、イタリアの明るさのある素敵なレルトランに生まれ変わっていました。




e0026527_19315683.jpgドライトマトのパン

ランチセット <サン・レモ>  4500円
 ・お勧め前菜  又は ミックスグリーンサラダ
 ・パスタ又はリゾットをお選びください
 ・シェフのお勧め肉料理 又は 魚料理
 ・デザートブッフェ
 ・コーヒー又は紅茶


e0026527_1936115.jpg・スパゲッティ シーフードバジルソース 

シーフードがいっぱいで、バジルのソースがほどよい香りで美味しかった(*^。^*)

e0026527_19375065.jpgバルサミコビネガーとオリーブオイルの容器

あまりに素敵で写真を撮りました。 欲しい!

e0026527_19392131.jpgシェフのお勧め肉料理 又は 魚料理


そして、もちろん、スレンディード名物!?! デザートビュッフェ。
ゼリー・ケーキ・タルト・スコーン・チョコ・・・ここでは、「ダイエット」という単語は、忘れましょう。
そして、
写真を撮るのも、忘れました(@_@;)

もちろん、夕食がまったく食べられないほど、いっぱい、デザートをいただきました。

レストランを出る時には、デザートビュッフェのお客さんが、行列をなして待っておられました。
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2009-07-29 23:26 | グルメ

ショッピングセンターのフードコートの 讃岐うどん 丸亀製麺

e0026527_1154493.jpg
買い物をしていたら、お昼の時間になり、フードコートへ。
ラーメン、丼、クレープ などのお店が入っていますが、ほとんどの人が 丸亀製麺のおうどんを食べていました。
それで、私も讃岐うどん 丸亀製麺 のぐっかけうどん と かき揚げ・鶏の天ぷら をいただきました。


丸亀製麺コーナン中百舌鳥店
所在地 大阪府堺市北区中百舌鳥町3丁428番地2コーナン中もず
電話番号 072-252-2227


e0026527_11171610.jpg天ぷらをのせてみました。

揚げたての天ぷらは、あつあつ&サックサクで、美味。
ショッピングの合間に食べるには、早くて安くて一人でも食べやすくて、合格点かな?

前回の訪れた大阪狭山店については、
↓クリック↓
丸亀製麺

丸亀製麺などを運営する株式会社トリドールについては、
↓クリック↓
(株)トリドール
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2009-07-26 23:38 | 他のうどん

時代は、美味しさと健康を求めている! “讃岐 玄米うどん”

e0026527_1875963.jpg讃岐うどんの乾麺で、 “讃岐 玄米うどん” というのを見つけました。

玄米の粉が、 30 % 入っているそうです。

製造者:木下製粉株式会社 香川県坂出市高屋町1086-1
販売者:ファリーナコーポレーション 香川県坂出市高屋町1150-5

木下製粉&ファリーナ HP

e0026527_12382089.jpg玄米粉30%のために、少し、色が付いています。

玄米粉は、遠赤外線による焙煎をして、粉末化しているそうです。
玄米は、無農薬のものではないけれど、残留農薬は、一切検出されていない、とのことです。

e0026527_12384152.jpg冷やしうどん で、食べました。

ゆで時間は、6~8分ですから、短めです。
ゆであがったおうどんは、少し色が付いています。

食べてみると、讃岐うどん特有のコシがあって、少し細めの美味しいおうどんです。
が、
「玄米」の味も香りも、ほとんどしません。
玄米の香ばしさがある方が良いのか、あくまで、味は、うどんに徹するのか・・・

常備しておく おうどんのバラエティーの一つとして、「玄米うどん」を加えるのは、良いと思います。

e0026527_12385512.jpg玄米うどんのアピールポイントは、
玄米の ビタミンB群、ビタミンE、必須アミノ酸、など40種以上の栄養素 まさに栄養素の宝庫。
食物繊維が豊富で、お通じにもよく、偏食がちの方にも最適。

[PR]
by ipe-osakaoudon | 2009-07-20 18:06 | 他のうどん

大阪のセーヌ川を臨むフレンチ、「ラ・クロッシュ」

e0026527_1314384.jpg “大阪のセーヌ川を臨むフレンチ、「ラ・クロッシュ」” とホームページのコメントに書かれたのを見て、ちょっと、おおげさ! と思いましたが、実際に「ラ・クロッシュ」でテーブルにつくと・・・いい表現!と納得しました。

ラ・クロッシュは、土佐堀川に面していて、川の向こうに、大阪市役所や中之島図書館、中央公会堂など中之島を代表する素敵な建物があります。
中之島のこのあたりは、確かに、“大阪のセーヌ川”・・・

関西シティーガイド 中之島

e0026527_149968.jpg前菜

ムニュ ラ・リーブ<ランチ>
(アミューズ+オードブル+本日の魚料理+肉料理+デザート+コーヒーor紅茶orハーブ茶、季節替り/サービス料込) ---- 4040円


e0026527_1495029.jpg魚料理


yahoo グルメ ラ・クロッシュ

e0026527_14101331.jpgお口直し

e0026527_10142488.jpg肉料理 
牛肉 (友達が注文)

e0026527_10154172.jpg肉料理


e0026527_1016426.jpgデザート
コーヒー パン

お店のロケーション・お料理のお味ははもちろん、お店のスタッフが感じよくて、とても気持ちよく食べることができました。


私は、蛾が苦手で、蝶もあまり好きではありません。
ラ・クロッシュ のお皿の柄は、お花と蝶・・・とてもきれいなお皿なのですが(後でわかったのですが、エルメスのお皿だそうです)、蝶の上に食べ物をのせて食べるのは、私にはちょっとつらい・・・。
それで、お店の方にそう伝えると、白いお皿に変えてくださいました。


ゆったり楽しくランチを食べた後は、淀屋橋odona  でウィンドウショッピング。
淀屋橋odona  には、大人向けのいい感じのお店が入っています。

淀屋橋odona 
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2009-07-16 23:00 | グルメ

トマトのお漬け物

e0026527_1622285.jpg去年、買おうと思いながら、夏が過ぎてしまって買えませんでした。
今年こそは…6月に百貨店で西利のお漬け物を買うときには、まだ、売られていませんでした。

7月・・・見つけました!  
“トマト”のお漬け物。
368円  ちょっと、躊躇しましたが、思い切って、買いました。

さすが、きれいな トマト です。

お味は・・・少し甘い。 糖分が加えてあります。お漬け物といっても、発酵してはいないようです。
サラダとして食べてもいいけれど、デザートでもいいと思います。ハーブティーなんかが合いそうで、ヘルシーです。

トマトの嫌いな人でも、食べられるでしょうね。

お漬け物の概念を変える、そんなトマトのお漬け物!
プレゼントにも、いいかも!
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2009-07-15 16:01 | その他

摂河泉 10割そば ふたたび

摂河泉 に、また、お蕎麦を食べに行ってきました。
今回は、写真なしです。

私は、ざる蕎麦1、5人前 1100円+400円 にしました。
10割蕎麦だからか、麺が、切れて短くなっています。
でも、この麺が、やはり、美味しい。

濃い蕎麦湯が、美味しい。 おだしに、蕎麦湯を入れると、蕎麦のとろみがついて、満足。


摂河泉 
大阪狭山市ぐみの木1-20-1 072-366-8145
亀の甲 交差点 南東

摂河泉 こだわりの10割蕎麦
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2009-07-12 21:38 | そば

京都 お料理教室 ~ランチでワッフルとマンゴ-プリン~

e0026527_1728437.jpg・サラダ(ベビーリーフ、グリーンアスパラ、プチトマト)
・パプリカにラタトゥユをかけたもの
・アンデスポテトのオーブン焼き
・フランスパン
・そして、ワッフル

ほかに、マンゴープリン 
詳細は、  ↓ ↓ クリック ↓ ↓
京都 お料理教室 ~ランチでワッフルとマンゴ-プリン~
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2009-07-08 17:28 | パン・ケーキ・お菓子

国立国際美術館 大阪中之島

e0026527_1738022.jpg



e0026527_17383244.jpgルーヴル美術館展を見たあと、国立国際美術館のレストラン マエストロ へ 行きました。

パスタコース 1500円にコーヒーをつけました。

前菜とパン

e0026527_17421139.jpgあさりとムール貝のボンゴレビアンコスパゲティ 

e0026527_17425273.jpgマンゴーアイス(?)だったかな? マンゴープリン だったかな(?) 

国立国際美術館は、万博公園内にあったものが、移転したそうで、地下にある美術館です。
美術館内のレストランは、地下1階とはいえ、開放的で、いい感じでした。

ルーヴル美術館展は、“子ども”をキーワードに、紀元前2000~3000年から17~18世紀までの彫刻や陶器から、絵画までを集めていて、美術のことをあまり知らなくても、楽しむことができました。
[PR]
by ipe-osakaoudon | 2009-07-04 17:35 | グルメ