リッツカールトン大阪の 中華料理店 "香桃 シャンタオ”

e0026527_1753423.jpgヘルシーティーランチ   ¥3,500

「ティーランチ」というだけに、お湯のみが空いたら、ちょうど良いタイミングで何杯でも注ぎに来てくれます。

ティーの種類は、3種類・・・写真は、最初のお茶ですが、名前は忘れました。
(メモっておけばよかったです。)

2番目のお茶は、ウーロン茶の一種で、マイルドで飲みやすかった。

デザートのときに出たのは、ジャスミンティー。私は、大好きです。

e0026527_1845992.jpg•香桃風前菜 スモークサーモン

3種類のソースは、チリソース・からし・豆板醤系(?)食べるラー油系(?)
お料理には、味が付いているので、そのままでもおいしいけれど、お好みでつけて食べます。
テーブルにはお酢やお醤油も、置いてありました。

e0026527_1873962.jpg•牛ミンチとえのき茸入りとろみスープ

冬にはうれしいとろみにある熱々のスープ・・・牛ミンチとえのき茸? と思うくらい複雑な美味でした。
卵の白身も入っていました。

e0026527_18103538.jpg•蒸し物点心二種

錦糸卵のしゅうまいと肉まん
どちらもおいしかったですが、特に、錦糸卵の優しい甘さが好きでした。

e0026527_18151732.jpg•百合根とグリーンアスパラガスの炒め

百合根がいっぱい入っていました。百合根は、好きだけれど、なかなか食べる機会がありません。
赤いのは、くこの実です。
動物性のタンパク質無しで、百合根・くこ・グリーンアスパラガスという、いかにも体に良さそうな食材です。
美味しくてヘルシー・・・美容にも良さそう。


e0026527_20222293.jpg•海老と茄子の梅ジャム、甘酢炒め煮

海老とお茄子を甘酸っぱい味付けで炒めたもの。あの不思議な香りは、梅ジャムだったのですね。


e0026527_2024971.jpg•ザーサイと野菜入り焼き飯 又は 広東風白粥

ザーサイと野菜入り焼き飯 を選びました。
中華料理店のチャーハンは、たいてい美味しいものですが、「香桃 しゃんたお」のザーサイと野菜入り焼き飯 も、ザーサイがアクセントになっていて、期待通り美味しかったです。


e0026527_2028256.jpg•下記からお好みのデザートを1つお選びください。
 杏仁豆腐
 マンゴープリン
 シェフのお勧めデザート(いちごとナタデココの入ったヨーグルト)


シェフのお勧めデザート(いちごとナタデココの入ったヨーグルト)を選びました。
中華 っぽくはなかったけれど、春らしくて、うれしいデザートでした。
ジャスミンティーは、香りが良くて、何杯もおかわりしました。




リッツカールトン大阪のイタリアン スプレンディードは、何度か行って、いつも満足していますが、 中華料理店 "香桃 シャンタオ”は、今回が2回目。
接客も丁寧で気持ちよく、さすが、ミシュラン☆ だと思います。

ヘルシーティーランチは、その名の通り、野菜が多く、脂っこくなく、3種類の中国茶をたっぷり飲めて、健康的。
でも、食べ終わった後の満足感は、しっかりあります。
[PR]
# by ipe-osakaoudon | 2011-02-21 17:45 | グルメ

リッツカールトンの中華 ミシュラン☆ 香桃

お久しぶりです。
皆様、お元気でお過ごしですか?



しばらく、ブログをサボっておりました。
冬眠」ということにしておきましょう。


冬眠中は、おうどん屋さんに食べに行くより、家で食べる方が多かった・・・



本日は、今から、リッツカールトン大阪の 中華料理店 "香桃 シャンタオ” に行きます。

香桃 シャンタオ は、☆ ミシュランの星ひとつ ☆!


実は、香桃 シャンタオ には、秋にも食べに行ったのですが、美味しくて、サービスも良く、お店の雰囲気も素敵で、とても気に入りました。


今日は、友達とのランチ&おしゃべりの会ですが、おしゃべりばかりせず、写真をばっちり撮ってくる予定です。


乞う☆ご期待!
[PR]
# by ipe-osakaoudon | 2011-02-21 08:37 | グルメ

つるとんたん 楽天に出店 

つるとんたん

つるとんたん 楽天に出店!!!  お店で食べるより、美味しい!?! お安い!?!


     












カレーのおうどん・明太子のおうどん・かけのおうどん
[PR]
# by ipe-osakaoudon | 2010-12-06 21:52 | 大阪おうどんお店

タイ料理 タイ風焼きそば タイ風ラーメン

e0026527_14421661.jpg南海高野線 堺東の本場タイ料理店 シィータイ にランチを食べに行きました。

トム・ヤン・クン ラーメンとタイの焼き飯セット。 880円

トム・ヤン・クン ラーメンは、名前の通り、トム・ヤン・クンにラーメンを入れたもの。

e0026527_1446344.jpgトム・ヤン・クン ラーメン の麺は、平たくて、きしめんのような形。
米粉の麺です。
トム・ヤン・クンは、ひとくち目は、甘さと香りがやさしくて、食べていると辛さがきいてきます。
平たいラーメンとの相性が良くて、これはいけます!

e0026527_145058100.jpgタイ風焼きそばと焼き飯のセット。 880円

タイ風焼きそばの麺は、トム・ヤン・クン ラーメンと同じ米粉でできた平たい麺。
味は、少し甘め。
ひとくち食べただけですが、美味しいけれど、ちょっと、パンチが足りない?

焼き飯は、タイ風(?)というか、ごく普通においしい焼き飯でした。

e0026527_14511696.jpgチキンカレーとナンのセット。
ココナツミルクとスパイシーなカレー、そして、ふんわりもっちりしたナンが、美味しい!
家では、食べられない味だから、タイレストランに行く価値のある一品です。

e0026527_14513372.jpgお店の中に飾られていました。

タイ人のシェフなので、お味は本格的・・・日本語も通じます。
でも、雰囲気が タイ、異国情緒が味わえます。

e0026527_14514686.jpgあまり大きくないお店ですが、タイの雰囲気が味わえます。
本場のシェフが作るタイ料理は、また、食べたくなる味でした。

堺東の本場タイ料理店 シィータイ
堺市南花田口町1-1-21  辻野ビル1F  072-222-6766

ぐるなび シィータイ
[PR]
# by ipe-osakaoudon | 2010-09-11 20:40 | 麺類

外国人観光客に人気の日本食 うどん5位!

外国人観光客に人気の日本食1位は「すし」、2位「ラーメン」
2010年08月09日 15:20 発信地:東京

【8月8日 AFP】来日した外国人観光客が最も好む日本食は「寿司(すし)」――。日本政府観光局(JNTO、Japan National Tourism Organisation)が行った調査で、このような結果が明らかになった。

 JNTOは来日した外国人観光客1万5000人以上を対象に、日本を出国する際にアンケートを実施。滞在中に最も気に入った料理を答えてもらった。

 すると、40%が「寿司」と回答。2位は「ラーメン(21%)」、続いて「刺身」「天ぷら」「うどん」の順だった。(c)AFP


[PR]
# by ipe-osakaoudon | 2010-08-10 20:04 | 大阪おうどん情報

特産美少女紀行 みなせとひなの稲庭うどん

萌え要素たっぷり 日刊テラフォー より  クリック→ 日刊テラフォー

今、全国各地の地方特産品に萌えキャラを付けた商品が多数発売されている。そこで「特産美少女紀行」では、地方特産品と有名イラストレーターとのコラボ商品を生み出す企画を実施している。

e0026527_1155082.jpg




その第1弾として登場したのが、秋田特産の稲庭うどんの萌えヴァージョン
>「特産美少女紀行 みなせとひなの稲庭うどん」だ。イラストは みやま零さんが担当している。発売は8月6日だ。

なお夏コミ(C78)ではDLsiteのブースに出展し、「みなせとひなの特製ランチョンマット」とのセットを数量限定で販売するとのことなので、これはぜひともセットで欲しいところだ。稲庭うどんは国内有数の美味しいうどんなので、今まで知らなかった人もこれを機会にぜひ食べて欲しい。

[PR]
# by ipe-osakaoudon | 2010-07-30 11:54 | 他のうどん

じゃじゃJaジャン

うどん界にまた新風、「じゃじゃJaジャン」
肉味噌をよくからめて、いただきます。
全国に数あるご当地うどん。この夏、うどん界にユニークな新顔が仲間入りする。その名も「じゃじゃJaジャン」。一体どんなうどんなのか?

商品を販売するのは、以前コネタで紹介した「甘ったれうどん」も製造している高野本店株式会社。 気になる「じゃじゃJaジャン」の正体は、肉味噌にからめて食べる細麺のうどんのこと。ジャージャー麺やじゃじゃ麺風の肉味噌には豆板醤で辛みが付けてあり、
「肉味噌自体は目新しいものではありませんが、仙台みそを100%使っているのが特長です。その濃厚な旨味に加え、豆板醤の辛みで飽きのこないコクを作りました」
と店長の高野さん。

細麺のうどんを合わせているのも珍しい。
「肉味噌に細麺というスタイルは食感の点で太麺に若干劣るものの、肉味噌との辛み具合は抜群です。また、夏には細麺の方が食べやすいかと」
さらに、麺の製法にもひと工夫ある。通常の乾麺とは異なり、粉と水を真空状態で混ぜているため、均一で食感が滑らか。ゆであげ後の麺の伸びも抑えてくれるという。
「ゆで時間は4分、固めが好みなら3分半でゆであがるので、暑い夏にもそれほど苦なく本格麺を食べていただけます」
麺をゆでたら添付の肉味噌と混ぜるだけ、という簡単レシピもうれしい。

実際に食べてみると、濃厚ながらくどさはまったくない。ひと口目こそマイルドな口当たりだが、食べ進めるごとにじわじわ効いてくる辛さが後を引く。慣れ親しんだ味のようで、どこか新しい印象もあり、クセになる味わいだ。好みでネギやキュウリを合わせるのもいい。とくにネギは風味が増すので入れることを強くオススメ。ほかに鶏のささみとも好相性だという。

ちなみにパンチの効いた商品名については、
「ジャージャー麺やじゃじゃ麺の「“じゃじゃ”と豆板醤の“ジャン”を名前に入れ込んだ安直なネーミングです」
と謙遜するも、一度聞いたら忘れないインパクトがある。“ハイカラ麺”と謳うのは、古新しい商品を表現したレトロなパッケージと辛味噌の「から」をかけているのだそう。

商品は7月上旬より直売所にて販売中。同社のオンラインショップでも近日中に取り扱いがスタート予定。価格は1袋190円(税込/1人前)。うどんにしては若干高めなのは、仙台みそ100%にこだわるがゆえ。

ピリ辛肉味噌と細麺の名コンビ。食欲がなくなりがちな夏にもスルスル食べられること請け合いです。
(古屋江美子)


Excite Bit より


うどん界にまた新風、「じゃじゃJaジャン」

[PR]
# by ipe-osakaoudon | 2010-07-21 19:58 | 他のうどん

なんばダイニングメゾン やっと難波にグルメスポットが誕生

e0026527_1518455.jpgさまざまな食材が、まるで絵画のように並べられた大きな前菜のプレート!


e0026527_151937.jpg高島屋 本店(難波なんば)7・8・9階に なんばダイニングメゾン というレストラン街ができました。

今回訪れたのは、9階の 現代フランス料理 lumière l'esprit k リュミエール レスプリカ

e0026527_15192230.jpg高島屋百貨店の中にいることを忘れるような素敵なレストランです。
サービスも気持ち良く、ゆっくりとお食事することができます。

e0026527_1531075.jpgなんばダイニングメゾン リュミエール レスプリカ

e0026527_15285332.jpg

 e0026527_15292241.jpg

e0026527_1532482.jpg

e0026527_15361326.jpg

e0026527_15362564.jpg
[PR]
# by ipe-osakaoudon | 2010-07-20 20:17 | グルメ

お昼の日替わり 今日亭 中百舌鳥(なかもず)店

e0026527_9583468.jpg今日亭のお昼の定食 829円 税込

お寿司とおうどん または、おそばのセットでした。

私は、温かいおうどんを選択。おうどんは、おつゆのかわりです。

お寿司は、いなり寿司とお漬物の巻いてある巻き寿司でした。
お寿司+おうどん=最強! 大阪やなぁ と、うれしくなります。


e0026527_102786.jpg全国的に猛暑ですが、エアコンの効いたお部屋で、熱いおうどんは、美味しい。

ひと夏に一度は、“鍋焼きうどん”を食べたいところです。

e0026527_19513726.jpg今日亭のお昼の定食

ざるそばを選択。
お昼のお得なセットメニューとは言え、ちゃんとそば湯が付いてきます。







[PR]
# by ipe-osakaoudon | 2010-07-20 10:01 | 大阪おうどんお店

京都東山 粟田山荘(あわたさんそう)のランチ 山荘弁当

e0026527_1485259.jpg粟田(あわた)山荘は、ホテルオークラ京都の別邸。ミシュランガイド京都・大阪2010で、☆を獲得。

京都に住んでいるころ(たぶん10年くらい前に)、1度お昼を食べに粟田山荘に行きました。
素晴らしいお庭を眺めながら、個室のお座敷で、ゆったりと美味しい京料理をいただいたのが、忘れられなかったのですが、お昼で、たしか、1万円ほど・・・。
なかなか、再訪することができませんでした。

京都に住む友人が、「粟田山荘さんが、お手軽なお弁当をはじめはった!」と知らせてくれたのでさっそく出かけることにしました。

e0026527_14141685.jpg山荘弁当 3800円 税・サービス込み
一の重

あいにく当日は、近畿地方は、豪雨。賀茂川の河原の上まで、川の水位が上がっていたそうです。
粟田山荘は、ちょっと行きにくいので、三条京阪で友達と待ち合わせて、タクシー。

お部屋は、2階。畳のお部屋でしたが、席は、テーブルと椅子。雨にぬれたお庭が美しかったです。
(写真を撮るのを忘れました)

1番目の写真の黒いお弁当箱は、2段になっていて、1段目の中身が、この写真です。


e0026527_14212940.jpg二の重

一の重:お造り、分葱 辛子酢味噌、いくら醤油漬け、笹巻寿司、京トマト ブロッコリー 帆立酒煮 黄味酢、胡麻豆腐、 青菜 割醤油

二の重:出汁巻玉子、海老旨煮・南京・アスパラ、鰊と茄子、銀鱈西京焼、合鴨ロース


e0026527_14321526.jpg
御椀(鱧はも)
白御飯 香の物
じゃこ山椒煮

e0026527_14333658.jpg水ようかんとお抹茶


お料理は、お弁当とはいえ、細やかで美しく、お味もおいしかったです。
量的には、「健康的」で、良いと思います。

ですが、サービスに関しては、慇懃ではありますが、どこか心のこもっていない感じが、現れていて、残念でした。

最初に、お酒を飲むかどうかを聞かれ、「飲まない」と答えると、「熱いお茶か、冷たいウーロン茶、どちらにしましょうか?」と聞かれたので、友人は、「ウーロン茶」私は、「熱いお茶」にしました。
お支払いになって、熱いお茶は、無料だけれど、ウーロン茶は、856円(?)の別料金を請求されました。
メニューもなにも見せずに、もちろん、お値段も言わずに、「熱いお茶か、冷たいウーロン茶」を選択させて、800円もの料金を取るのは、いくらなんでもひどすぎます。
(メニューを見ると、同じ値段で、ソフトドリンクを選ぶこともできたのです。)

結局、粟田山荘さんの上司の方が、謝られて、ウーロン茶の分は、返金してくださいました。が、何とも、いやな感じは残ってしまいました。



 
 
[PR]
# by ipe-osakaoudon | 2010-07-14 23:02 | グルメ